Global≫
メバルプラッギングのすすめ その2
トップのすすめ
 楽しむプラッギングという視点で云えば、なにはさておきトップウォーターゲームは外せない。メバルの場合ド派手なバイトとはいかないが、高頻度でチュポッと出るバイトは病みつきになること間違いなしだ。
 トップの基本的な狙い方は、ある程度アクションを入れてからのポーズで食わせる戦術、もしくはメバルが意識している流れにルアーを乗せて流し込んでいく戦術のふたつが基本となる。使い分けも簡単で、流れが効いていない場所は前者が、流れがあってその流れをメバルが強く意識している状況なら後者が取るべき基本戦術となる。
 もう少し詳しく話をしていこう。トップが劇的に効くのはメバルが水面近くを意識しているとき。断続的にボイルが見られるなら最高の条件。こうした好条件に当たれば、先に説明した方法でかなり良い釣りができるとは思うのだが、せっかくの好反応をそれだけで終わらせてしまうのは少々もったいない。セオリー通りに数尾を釣ったら、少しずつ釣り方を変えていこう。さて、何を変えるのかといえば、ルアーの操作方法だ。例えば、動かしてからポーズで誘うのであれば、動かし方に工夫を加えてみる。チョン、チョンと適当に動かすのではなく、できるだけルアーを移動させないようにその場で首を左右に振らせてみたり、逆に少し大きめに動かしてルアーを軽くダイブさせ、それに続く浮き上がりとポーズで食わせてみたり。流して釣る場面でも、あえて流れをゆっくりと横切るように引いてみたり。ポップ音を出して他の魚の捕食をイミテートしてから流してみたり。とにかく思いつくまま自由にアレンジすればよい。
芸達者なレイナJW
 こうなると、メバルのトップに向いたプラグ像が見えてくるだろう。基本戦術のみで行くなら正直なところどんなトップ系プラグでもカバーできるのであるが、色々とやってみたくなってくると多芸なトップウォータープラグが欲しくなってくるはずだ。そんなときにおすすめなのがレイナJWだ。この一目見て他とは違う印象を与える形状をしたプラグはダーターと呼ばれるタイプだが、左右に焦らすような首振り、ポップ音をだすポッピング、ダイビングと浮上、引けば水をつかんでウォブリングと実に多彩だ。今ここに挙げた使い方を組み合わせるだけでもかなりのバリエーションに富んだ使い方ができるはずだ。
 トップウォーターこそ楽しんだもの勝ち。自分で自由に動かし方をアレンジ。その結果引き出せたバイトならその楽しさと満足感は何倍にも大きくなること請け合いだ。ぜひこの多芸なレイナJWを手にトップウォータメバリングを楽しみつくしてもらいたい。
更にもう1本、シュガペン58Fライトソルト
 更にもう1本、"禁断の餌ルアー"とも呼ばれるソルト用トップウォータープラグ『シュガペン』、このシリーズにシュガペン58Fライトソルトがある。フィーディングモードに入ったメバルにとっては正に餌。操作性も実に良くスプラッシュと小刻みなドッグウォークで手返しも良く、高活性なメバルの数釣りにはもってこい。また、空気抵抗の小さいボディ形状とウェイトも4.1gで飛距離も抜群、遠くのストラクチャーも射程内となる。初めてのポイントなどで広範囲を探るときなどには打って付け、トップウォーターのサーチベイトにお勧めの1本だ。シュガペン58Fライトソルトで広範囲を探りポイントを絞り込み、レイナJWの多芸なアクションを駆使し多くのバイトを引き出す。こんな戦術の組み立てもメバルプラッギングの楽しみ方の一つなのだ。
サブサーフェイス
 ここで、トップウォーターと関連したもうひとつの戦術も解説しておこう。トップの釣りをしていてメバルが反応はしているものの、なかなかバイトにつながらないという場面に直面することが間々ある。プラグ周辺にメバルが反転したようなモジリがでたり、バイトはあるもののなかなかフッキングまで至らなかったりというのがそれだ。こうなる理由の大半は、単純にメバルが水面(サーフェイス)を割りたがっていないというもの。そうであるなら、水面下(サブサーフェイス)で勝負を掛ければ良い、となるのだが、ここで下手にレンジを下げてしまうとこれまた不思議とバイトすら出ないことが多かったりする。ここまでの話を聞いて難しそうだな、と思った方も多いかもしれない。たしかに、もしジグヘッドリグでこの状況を釣りこなそうとすると結構難しい状況といえるだろう。その原因は何かといえば、メバルは水面までは出たくないものの水面付近を強く意識しているという点にある。レンジを下げて反応がなくなってしまうのはそのためなのだ。そして、この水面直下というレンジをゆっくりと釣るのはジグヘッドリグではかなり難しく、狙いたい場所が立ち位置から遠い場合はどうしようもないとさえいえる状況なのである。
 ところがである、プラグならある程度の飛距離が稼げ、一定のリズムで巻くだけでそのプラグが持つ固有のレンジを引いてくることができるということをここで思い出してもらいたい。つまり、水面直下を引けるプラグがあれば、この難しい状況にもバッチと対応できるのだ。それも、ただゆっくりと巻くだけで。
水面直下はビートイート、シュガペン58Sメバルの出番
 こんな場面におすすめなのがビートイート。このプラグはゆっくり巻いてもほぼ動かないように見えるのだが、その実釣力は非常に高く、数あるバスデイルアーの中でメバルを狙うのであれば外すことのできない1本といえる。コツはとにかく、ゆっくりステディに巻き続けること。途中で短いストップを入れるのも良い。たったこれだけで、他のルアーでは難しい水面直下というレンジをとてもゆっくりとした速度で通すことができる。トップに出きらない状況もこれで簡単に解決できる。また、、時として細身のシルエットよりもボリューム感のあるシルエットを好む場面もあったりするので、そうした場面への対応としてシュガペン58Sメバルもタックルケースに忍ばせておいて損はない。このシュガペン58Sメバルはトップベースのシンキングモデルということで、ここで触れたような水面直下の攻略にバッチリとはまる。水面直下はビートイートを主軸にシュガペン58Sメバルとのローテーション。これがほかのルアーでは攻略の難しい水面直下というステージで良い釣りをするための公式だ。
 
是非メバルプラッギングを
 如何だろうか、メバルプラッギングの楽しさをお伝え出来ただろうか。ボトムからトップウォーターまであらゆるレンジで狙え、ゴロタから磯、更には港湾まで広範囲に生息するメバル。更に、日本国内に広く分布している。しかも筋金入りのフィッシュイーターでルアーへの反応もすこぶる良好、こんなお手軽な好対象魚をほって置く手はない。是非メバルプラッギングを体験し、楽しんで頂きたい。ハマルこと請け合いです。
 
【釣り時季】超エキサイティング‼︎ “トップウォーターメバリング”
2020/03/09
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社