Global≫
English(old site)≫
夏の「爆釣」「お手軽」ターゲット ハゼ -ファミリーフィッシングにも打って付け!-
どんな場所がポイントなの?
フィールドは内湾の浅場や汽水域で、砂泥底を中心に小石や砂底の場所。流れや波が穏やかな場所であれば言うことナシ。シーバスが釣れるような河川の河口部は、大抵条件が揃っているので狙い目。バスデイのお膝元浜名湖も好フィールドの一つで、水深が20センチも無いような場所でもルアーを引くと、小石の陰から飛び出し猛烈にチェイスしてくる。トボケタ容姿とは裏腹に、実に肉食性の強いターゲット。スイッチが入ると警戒心も薄れ、足元までルアーを追ってくる。キャストは数メートルも投げれば十分で、特に遠投する必要はナシ。
水深30センチ以内の遠浅が続く場所であればキャストしてみる価値あり、一度に数尾がチェイスしてくるなんて事もよくあり、偏光サングラスをしていれば視覚的にも楽しめる。
浅場の先にあるブレイクラインには大型のハゼがいる場合が多いが、岸際は小型だけど数釣りが楽しめる。また、流れの緩やかな流れ込み周辺なども、見落としてはならないポイントだ。
 
タックルは?
ロッドは専用でなくても大丈夫、海のライトゲーム用、エリア用、渓流のトラウト用、バスのベイトフィネスなどなど、6ft前後のULクラスロッドなら対応できる。要は、3gほどの軽量ルアーをキャストできればOK。
ラインは、ボトムの釣りなので感度のいいPEがお奨めだが、フロロカーボンの4lbクラスでも代用可能。
リールは投げやすさ重視ならスピニングの2000番クラス。コントロール性を求めるならベイトフィネスリールがイチオシ。
 
ルアーの使い方・使い分けは?

バスデイでは「はぜ玉」「はぜむしSS」の2機種がリリースされているが、いずれにせよ底生魚であるハゼを釣るには、ボトムすれすれを狙うのが基本となる。
まず『はぜ玉』については、着水と同時に早巻きし潜らせ、ボトムタッチしてからはスローリトリーブに切り替える。ストップ&ゴーやリーリングスピードの変化でゆっくりと浮き上がりハゼを誘う。スローフローティングタイプなので根掛かりも回避しやすく、ハゼの付き場をサーチするためのパイロットルアーとして高い能力を発揮する。
一方『はぜむしSS』は、スローシンキング設定のため着水後ラインスラッグを取りつつフォール。フォール中もローリングでハゼを誘い、着底後はボトムを感じつつスローリトリーブでワイドなローリング。時折トゥイッチやストップを挟むことでより多彩なアクションを演出する。
『はぜ玉』のパイロットルアーとしての高いサーチ力、『はぜむしSS』の多彩なアクションによるアピール力。この二つを上手に組み合わせ使い分けて頂きたい。

『はぜむしSS』製品情報はこちら
https://www.bassday.co.jp/item/?i=36

『はぜ玉』 『はぜ早掛フック』製品情報はこちら
https://www.bassday.co.jp/item/?i=37

爆釣のコツは?

捕食モードのハゼは、その見た目(鈍くさく、かわいらしいイメージ)とは裏腹に驚くほど俊敏。偏光サングラスを掛けよく目を凝らしていないとチェイスを見逃すことになる。この釣りに於いては、チェイスしてくるハゼをいち早く見つけ、ハゼの付き場所を把握した人に「連発」「爆釣」の可能性が一段と上がる。とにかく、偏光サングラスで水中に目を凝らし、ハゼがたくさん追ってくる場所を探す。爆釣のコツはこれに尽きる。

ルアーへの反応もすこぶる良く、ビギナーからエキスパートまで楽しめる。
タックルもシンプルそのもので、思い立ったらスグやれる。お手軽且つ奥深いハゼクラ、是非この夏ハマッテみてください、アツくなること請け合いです。


過去の実釣動画はこちら

https://youtu.be/hO-2nBEfmCs

https://youtu.be/Atj80N3x3RM

釣りガール千花がハゼクラに挑戦してみた! in浜名湖
2020年8月26日
三重テレビ ルアー合衆国+「シーズン先取りのハゼ釣り!良型ヒットの満足釣行」
2020年8月19日
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社