Global≫
English(old site)≫
「しっかり泳ぐキャスティングジグを...」「より飛ぶシンキングペンシルを...」との声に答え! バンジーショット再燃!!
コンセプト
素材こそ金属で一見メタルジグのようですが、アクションコンセプトはスイミングペンシル。
その表現力豊かなスイミングアクションはプラスティック成型のシンキングペンシルをも凌駕します。
低速から高速までリーリングスピードに関わらず、キレのある安定したアクションでターゲットを誘惑。
また、フォーリング時も木葉の様に揺らめきながら魅了します。
正にキャスティングルアーのニュースクールです。
 
 
過去の水中動画はこちら

https://youtu.be/KN0t_tRDiO0

https://youtu.be/O-umrcV7jYA

https://youtu.be/mAEI9UFruRQ

キャスタビリティー
金属製ゆえの圧倒的な飛距離は、今までのシンキングペンシルでは届かなかったより遠くのナブラを攻略。
ボディ中央部に厚みを持たせ、やや後方に重心を置くことで実現したコンパクトなシルエット、かつ重量化により優れたキャスタビリティーを得る事となりました。
強風に負けることなく、狙ったポイントを直撃。
オペレーション
ヘッド部を大胆にシェイプアップすることで、リトリーブやジャーク時の抵抗を大幅に軽減。
長時間使い続けられる軽快な操作性も実現しました。
エクイップメント
リアに貫通性抜群のフッ素コートトリプルフック(日本製)、
フロントにはフッ素コート伊勢尼フック(日本製)にティンセルをセッティングしたアシストフックを標準装備しました。
タクティクス(バスデイ開発スタッフ 大林)
基本的には、使い方は千差万別。
コンセプトとしてはタダ巻きでも十分泳いで使える事を前提に。ただ、タダ巻きをするのにレンジコントロールはセルフで必要。
STOP&GOでフォールを入れたり、または、フォールをフリーなのかテンションフォールなのかで見せ方も変わる。
キャスティングで使う場合には、タダ巻きの横の釣りはもちろん、縦を意識すること(3Dに探ること)で、狙いのポイントを丁寧に探れる。
20g 30g 40g 50gと、ウェイトが4種ある意味を考えて使って欲しい。
流れも緩く浅いポイントではもちろん20g 30gが使いやすいし、流れが速かったり深場では40g 50gの出番。
どのウェイトも浮き上がりは良く、早く巻いてもバタバタとアクションしてくれるので、フラットフィッシュはもちろん青物にも有効。
40g 50gになると竿を選ぶが、20g 30gならエギング中やエサ釣り中の不意のナブラにも、タックル的に十分使えるので持っていると出番。
近年流行り傾向のスーパーライトジギングであったり、ショアロックなどフックを取り換え、オリジナルのカスタムすることで使える。
アクションはワンピッチの緩急であったり、または、巻き上げてくるだけでも良いのかもしれない。
バスデイのラインナップにはSLJジグもあるが、アクションの質の違いからバンジーショットでもジギングで活躍する場面もあり。
SLJ48や62はワリとゆっくり目のアクションを得意とするが、激しくバタバタ早く誘いたいときには、バンジーショットの方が効果的なこともある。
オフショアでのキャスティングカツオゲームでも、「早巻き」、「しゃくり」、「スキッピング」とワリと器用に活躍してくれる。
いずれにせよ、釣り人が状況に応じて使い方を工夫して、あらゆる可能性を感じて使い込んで欲しい。
状況激変の遠州灘 田原サーフを攻略
2019年10月16日
カラーチャートはこちら ≫
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社