Global≫
釣果情報
最新情報
2021年06月18日
旬の梅雨イサキを狙い撃ち!
(芥河 晋 様)
2021年6月中旬
和歌山県 中紀沖
 
有休を消化予定のとある平日、午前中は風がほぼない予報だったのでカヤックで自宅近くの海へと漕ぎ出す。狙うは旬を迎えたイサキ。それも、小魚を追い回している大型のみに狙いを絞っての釣行だ。
 
のんびりペースでしばらく漕いで狙いのエリアに到着。ここからは魚探とにらめっこをしながら漕ぎまわり海中の様子を探っていく。ベイトの群れは例年ほどではないもののまずまずの濃さで居る様子。ただし、イサキと思しき反応がなかなか見つからない。
 
可能性のありそうなエリア内を探し回ること1時間強。ようやく本命と思える反応をキャッチした。
 
すぐに海へと落とし込んだのはバンジーショットの40g。このルアー、本来はキャスト用なのだが、ウェイトと見た目のボリューム感がカヤックからのライトなジギングにベストマッチで、ぼくにとって欠かすことのできないアイテムとなっている。ちなみに、イサキ狙いの場合は少し長めの根付け糸にやや小型で強めの針をセットしたアシストフックをつけることが多い。
 
狙いの反応にジグが入るように操船しつつジグを落とし込んでいき、狙いのレンジの少し下からゆっくり目のワンピッチジャークで誘うとすぐにドスンとロッドが絞り込まれる。引きからしてまずまずサイズだ。あまり強引なやり取りはバラしを誘発するし、かといってゆっくりやるとそれはそれで取り込み時に外れる確率が上がってしまう。引きから予想されるサイズも含めて、この両者のバランスを取りながら上げてくるのがイサキ釣りの醍醐味のひとつだと思うのだが、どうだろう。
 
上げる過程でだんだんとドラグを緩めながらのやり取りで首尾よく取り込んだのは40センチを少し超えるかというサイズ。当然ながら文句はない(笑)。
 
この1尾で、潮と地形に対するイサキの動向がつかめた。その後は、イサキの反応にジグを入れては1尾釣り、その間に流された分を別の群れを探す感じで漕ぎあがってはまたジグを落とす。そんな流れで数を稼ぐ。
 
取り込み時に数尾に逃げられたのは残念だったが、この日は50センチ前後の特大クラスも交じっての好釣果。旬の釣りを狙い通りの展開で楽しむことのできたとても良い釣行だった。
 
カラー:FL-323 ピンクレインボーGB、他
2021年06月16日
今季初鯰
(P.N 稲ビ〜〜〜ム 様)
2021年6月11日
新潟県 下越地方
 
今季初鯰に行ってきました。
今年は遅めのスタートになり、その分フックを新調するなどして臨みました。
手堅いポイントばかりまわりましたが、ショートバイト多数でなかなか食い込まずに苦戦しました(^_^;)
20時に1匹、22時前に1匹、その後粘りましたが反応が無くなり日付が替わる前に切り上げました(^_^)
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-368 ボーンブラック、P-292 ホワイトパロット
2021年06月14日
レンジバイブで年無し!?
(P.N イタチ 様)
2021年6月14日
静岡県 浜名湖
 
仕事終わりに浜名湖へデイゲームにでかけました。
ポイントにつくと、干潮間近なのもありかなり水位が低い。
とりあえずチヌやシーバスがついていそうなヨレやストラクチャーにメタルバイブを投入し、テンポ良く探るも反応なし‥

波動を変えてみようということでいつもいつもではありますがレンジバイブ55ESの汽水ボラ(レンジバイブはコノシロと汽水ボラが最強だと思ってます)にチェンジして手前をネチネチ探る‥が無反応‥。
 
手前についていないので大遠投して沖のボトムを探ることに。風に乗せてレンジバイブを思いっきりフルキャスト!
ボトムスレスレをできるだけゆっくり丁寧に探っていると‥グアッ!とロッドが弧を描きました。
ものすごいヒキで圧倒されつつも、魚の下流に周りこみなんとかネットイン出来ました(^o^)
50ジャストの真っ黒なおじいさんクロダイでした!!!嬉しいですね。

レンジバイブにはいつもいつもいい思いさせてもらっております。
ありがとうございます。
 
カラー:CH-391 汽水ボラ
2021年06月14日
リバーシーバスで効果的!
(鈴木 諒 様)
2021年6月上旬
関東地方の河川
 
ネイティブトラウトで人気のシュガーミノーSGですが、私がメインとするデイリバーのシーバスゲームでも絶大な効果を発揮しています。
 
流芯近くまで立ち込んでの釣りとなるため、流れが速いポイントが多く、それでもシュガーミノーSG90Fはダウンクロスでファストリトリーブしても暴れすぎないローリングアクションを維持してくれます。
 
また、沖でボイルが出たときなどはアップクロスでキャストしショートジャーキングを混ぜながらゆっくりドリフトさせると良型シーバスがよく反応してくれます。
 
シャフトグライダーシステムによる重心移動の効果で、90mmのミノーとは思えない飛距離を出せるのもお気に入りなところです!
 
ルアー:シュガーミノーSG90F
カラー:M-04 メッキアユ
2021年06月07日
クリスタルポッパー70Sでボイル撃ち
(芥河 晋 様)
2021年5月下旬
和歌山県 中紀沖
 
今年は水温の上昇が鈍く魚の動向をつかみにくい状況が続いている。しかも、想定外の早いタイミングでの梅雨入りがこの状況に追い打ちをかけ、低水温&水潮というなかなかな状態に。
 
しかし、そうはいっても時間自体は停滞することなく流れ続けているわけで、釣りに出られそうなときにはフィールドに足を運んで自分の目で状況を確認し続けるのが結局のところ魚に近づくベストな方法のように思う。
 
というわけで、5月下旬の晴れた週末。そろそろベイトが差してこないかと思い、カヤックを漕ぎ出してみた。
 
予想はしていたものの岸寄りは水潮がひどく、ベイトの反応はあるものの活性自体はかなり低そう。そこで、潮が通すエリアへと漕ぎ進むと、狙いのエリアに入ったところで分厚いベイトの反応が魚探の画面に映し出された。
 
あまりに良い反応なので、周りに魚の気配があるのではと魚探から目を離し周りを見渡したそのとき、前方の水面が広い範囲で盛り上がり、突然凄まじいボイルが始まった。しかも、それがこちらに向かってくる。
 
このとき、ロッドの先に結ばれていたのはクリスタルポッパー70S。しかも位置的に自分はボイルに対してちょうど風上という、前方のボイルを狙うにはこの上ない条件。
 
すかさずキャストすると、思った以上に飛距離が伸び、ボイルの最前線すぐ手間に着水した。ボイル自体もかなりの勢いでこちらに向かっているので、すぐにリーリングに入り、水面直下を泡を噛ませながら引いてくると、すぐにドスンとヒット。
 
この日はイサキを狙うつもりだったこともあってラインが細いため時間をかけてやり取りをすると、カヤックがボイルに飲まれた。ファイト中、ベイトに狂った魚がラインに当たる感触が何度も伝わり、ラインが痛まないかと気を揉みつつのファイトとなったが、無事にキャッチに成功。上がってきたのはハマチだった。ボイルの中には明らかによいサイズも混ざっていただけに少々残念ではあるけれど、あの状況で魚を選ぶことは不可能なので仕方ない。
 
魚を取り込むと同時にボイルもおさまったが、ボイルに囲まれながらの釣りは最高というほかない。カヤックはエンジンがないため魚に対するプレッシャーは極端に低い。そのため、このような状況になることが結構あるのだが、今回もそんなカヤックフィッシングならではの釣りを楽しむことができた。
 
カラー:GH-108 フラッシュゴールド
2021年06月03日
ヒイラギ付きの巨大ヒラメ
(P.N Op40 様)
2021年5月31日
静岡県 浜名湖
 
中潮の緩い上潮時、沖合の駆け上がりまでフルキャスト。
着底と同時に駆け上がりを感じ、竿を起こして坂を駆け上がるようにリトリーブすると…ガツン。
とてつもない引きだが、フックアウトすることなくキャッチ。
69cmの大型ヒラメでした。
 
カラー:P-04 レッドヘッド
2021年05月31日
ランカーヒラスズキ登場!
(P.N しげぞう 様)
2021年5月27日
熊本県 天草
 
大雨警報が2回発令された後の天草。日頃は多少の雨でも澄んだポイントが流石に笹濁り。水潮で嫌な泡や泥の濁りが出ている箇所も多くポイントは限られる。
 
表層では何の反応も得られずにシンキングミノーにチェンジ。小型を2尾キャッチして魚自体はいると判断。
 
表層の水潮を抜けたところにいるだろうとレンジバイブTGを選択。波が高い、強風などの条件でもレンジバイブはスマートなシルエットで確実に泳ぐし横波でもそうそう泳ぎが破綻しない、したことがない。
 
尚且つTGなら飛距離が出て沈むのが早い。入れたいレンジまですぐに沈んで真っ直ぐにひいてこれる。中層でサラシを出た瞬間にバグッ!ミノーなどを通した後の同じサラシでも一撃必殺。
そこからは同じパターンでランガンしながら良型を複数キャッチ。うち1本は80upのランカーヒラスズキ。
 
レンジバイブTGに換えたあとはそれまでと打って変わって春爆。ここぞというタイミングで爆発力を持ち絶対に忍ばせておきたい秘密兵器である。
 
カラー:M-184 ブルーキビナゴ
2021年05月28日
シーズン先取り
(鈴木 照弘 様)
2021年5月下旬
静岡県 浜名湖
 
今年の新色も出荷されたということで、少し早いですがハゼクラに行って来ました。
まだまだサイズは小さいので、そんな中でも少しでも大きいサイズが混じってチェイスして来る所を探しながらやってみました。
カラーは新色をメインにやってみましたが、視認性が良く使い易かったです。
やはり、現状はサイズが小さく苦戦しましたが、確りとハゼを連れて来てくれました。
今後が非常に楽しみです。
そして、この釣りでは外道となってしますが、チヌ等の大物が掛かる事も多いので注意が必要ですね。
今年もハゼクラで楽しみたいと思います。
 
カラー:C-88 ナチュラルインパクトグリーン、C-89 ナチュラルインパクトオレンジ、C-64 アオイソメ
2021年05月27日
レンジバイブで初夏のリバーゲーム
(鈴木 諒 様)
2021年5月下旬
関東地方の河川
 
初夏の河川はイナッコやコノシロを追った大型シーバスを狙った釣りが本格化します。
 
シャロー帯にある根周りを狙うので沈みすぎないレンジバイブ55ESが良い仕事をしてくれます。
 
レンジバイブ55ESは小さく軽いけれど、流れにダウンでファストリトリーブや、ショートジャーキングでもバランスを崩さないので河川のデイゲームでは頼もしい存在ですね。
カラー:M-170 雅鰯
*撮影のためマスクを外しています
2021年05月25日
バスデイルアーを適材適所に!
(戸田 英明 様)
2021年3月中旬
三重県 四日市ベイエリア
 
愛知県に緊急事態宣言が発出される前の釣果です。
表層付近をS.P.M.75のチャートヘッドグローカラーのスローのタダ巻きで探るとセイゴクラスをキャッチする事が出来ました。
表層での反応が無くなったら、レンジバイブ45ESのパールチャートカラーをボトムまで沈めて巻き上げていくとクロソイをキャッチする事が出来ました。
更にボトムから巻き上げて、ある程度巻いた所でもう一度ボトムに沈めて巻き始めた所でカサゴがヒットしキャッチする事が出来ました。
 
バスデイルアーを適材適所に使用する事で釣果につながりました。
 
ルアー(カラー):
 
2021年05月24日
まさか!?のショアレッド
(P.N yuusuke55 様)
2021年5月15日
新潟県 出雲崎
 
シュガペン58Sを使ってメバルプラッキング中に真鯛が掛かりました!
77cm 6.8kg
ライトタックルではかなりしんどかったですが何とかキャッチ出来ました♪
 
カラー:C-350 クリアーキャンディー
2021年05月19日
鮃にも効く!
(P.N Op40 様)
2021年5月18日
静岡県 浜名湖
 
小潮の穏やかな潮流のなか、ナチュラルに泳ぐレンジバイブが効きました。
着底後のただ巻きでガツンと。
 
カラー:P-04 レッドヘッド
2021年05月17日
初めての方大歓迎!
(戸田 英明 様)
2021年3月中旬
三重県四日市ベイエリア
 
初春の時期のシーバスは、まだまだ水温も低く、ベイトもバチや小魚など遊泳力が弱いものが主の為か、ハイシーズンに比べてルアーを追っかけるストライクゾーンが狭く、ショートバイトが多いと感じます。

そんな状況下でもヒットしてくれるルアーがS.P.M.75のチャートヘッドグローカラーです。
使い方はいたって簡単で一言で「ゆっくり巻くだけ」
以上
となってしまいます。

シーバスが居そうなスポットの明暗の境目、潮目、一瞬パッと起こるライズなどに目掛けてキャストしスローのタダ巻きをするだけ。
引き抵抗が無いのでルアーを使ってる感も無く不安に成りそうですが、時折、水流の変化によって小さくですがノタノタと左右に動いてシーバスを誘ってくれます。
スローシンキング仕様にもなっているので表層で反応が無ければ、カウントをとってレンジを下げて探る事も出来ます。
ただ、リールのハンドルをゆっくり巻くだけの簡単な作業でシーバスが不思議と釣れます。

今回は50センチクラスのシーバスをキャッチする事が出来ました。
 
ルアー:S.P.M.75
カラー:GG-348 チャートヘッドグロー
2021年05月13日
玉砕は夢をつれてくる。
(P.N しげぞう 様)
2021年5月12日
鹿児島県の離島
 
シーズンとしては少し早いがショアでスジアラ狙い。
波風あるなか沈み根の上を狙う。こういう状況でもしっかり飛んで艶めかしく泳いでくれる玉砕135Fをチョイス。
 
50メートル以上先の沈み根のさらに先へとキャストし上を通過しようとした瞬間、下から物凄く重たいあたり。有無を言わさずドラグをゴンゴン出していく。入られると終わりなのでドラグを出されながらも竿を立て強引に巻いていく。最後まで抵抗されながらも上がってきたのは77cm・6kgのスジアラ。ショアでは自己新記録のスジアラに手が震えた。
 
これから暖かくなり本格化してゆくスジアラ。玉砕135Fの飛距離や泳ぎ、レンジはストラクチャーを狙うスジアラにも実に使いやすい。純正搭載されているフックも強くそのまま使える。
 
ルアー:玉砕135F
カラー:P-103 パールチャート
2021年05月12日
朴葉予備軍
(佐藤 ノブヲ 様)
2021年5月11日
岐阜県の河川
 
岐阜県美濃地方では初夏から夏にかけて、朴葉(郷土料理の朴葉味噌にも使われるホオノキの葉)のように体高が広がった尺アマゴが本流で釣れる。郡上あたりではそれを「朴葉アマゴ」等と呼び、サツキマス(こちらもアマゴには違いないので見分けがつきにくいが)と双璧をなす釣りターゲットとして人気が高い。
 
この日は「朴葉アマゴ」を求めて本流域をふらふら。ところが20cm前後のアマゴはよく釣れるのだが、肝心の良型は顔を見せない。最後の場所でなんとか27cmを釣り上げることができたが、サイズも体型も朴葉には及ばない魚であった。あと1〜2か月もすれば朴葉アマゴに姿を変える、いわば予備軍かもしれない。
 
釣り上げたポイントは水深1m強の深瀬。こういった場所ではシュガーミノーボトムトゥイッチャー62ESや、カタログ落ちしてしまったがシュガーミノードリフトトゥイッチャー70Sが使いやすい。
 
カラー:M-02R メッキヤマメ
2021年05月11日
サツキマス開幕
(日比野 渉 様)
2021年5月10日
岐阜県 長良川
 
GW中にあちこちから釣果が聞こえてきていたので、数年間離れていたサツキマス戦線に復帰してみた。

このところの雨でしばらく高水を保っている川はベストコンデション。夕方短時間勝負。

狙いを付けていたポイントで一発回答!シュガー2/3ディープSG72Fを急襲したのは38センチのサツキマスでした。
 
 
2021年05月11日
レンジバイブ70アイアンで釣果カタシ!
(戸田 英明 様)
2021年3月上旬
三重県 四日市ベイアリア
 
この日は風が強く軽いルアーや空気抵抗の大きいルアーでは思うような飛距離が出ませんでした。

そこでセレクトしたルアーは、レンジバイブ70アイアンのハイトホロピンクカラーです。
強風の中でもぶっ飛んで行き飛距離を出してくれます。
まずはタダ巻きで浅いレンジを探り、次第にレンジを下げ、最後はボトムまで落としていきます。

ボトムからリールのハンドを2巻きした辺りで手元に魚の重みが乗り、小気味良い引きを楽しみキャッチしたのはカサゴでした。
 
この日はこれ1匹の釣果でしたが、強風下で良い条件とは言えない中でもレンジバイブ70アイアンが出す飛距離で広範囲に探る事で、貴重な魚に出会う事が出来ました。
 
カラー:HH-02 ハイトホロピンク
2021年04月29日
渓流本番!
(佐藤 ノブヲ 様)
2021年4月28日
岐阜県の渓流
 
渓流で美しいトラウト達と遊ぶ。私にとってそれが最高の愉しみ。今回は2つの水系を探ってみる。
 
最初の水系は成魚放流が盛んなこともあり放流魚はよく釣れるが、居着きはたまに混じる程度で、しかも20cmに満たないような小型ばかり。しかもGW前だというのに釣り人がやたら多くてさっさと移動。
 
次の水系はまだ雪代が収まっておらず、水温も低め。やはり魚の活性も低いが、ディープ系やレンジバイブで深場を丹念に探ると、居着きの美魚が顔を出してくれた。戦術がハマったことに満足してロッドオフ。
 
居着き魚(天然・稚魚放流)を狙った渓流域ルアーフィッシングも、いよいよ本番に入ったようだ。
 
(岐阜県は独自の緊急事態宣言化にあるため、水系名は伏せさせていただきます)
 
ルアー:
 他
2021年04月28日
カラーチェンジ!
(上田 将太郎 様)
2021年4月26日
岩手県沿岸河川
 
日の出が過ぎても雲がかかり薄暗い状況だったので
シュガーミノーSG90Fで表層狙い
カラーはアピールと視認性を良くする為に
クリアーレモンSTGLを選択しましたが無反応
日が差してきたタイミングでゴールドグリーンにカラーチェンジして
数投でヒットしてくれました
 
カラー:FL-315 クリアーレモンSTGL
2021年04月22日
レンジバイブ70Sでシャローシーバス
(鈴木 諒 様)
2021年4月中旬
東京湾 河川河口部
 
私のホームである河川河口部のシャローエリアにてレンジバイブ70Sで良型シーバスをキャッチ。
 
数年前に限定復刻した70Sが河川シャローエリアのデイゲームにベストマッチ。 ここ最近の釣行では欠かせないアイテムとなっております。 レンジバイブ70Sに感謝です。
 
ルアー:レンジバイブ70S(リンク先はレンジバイブ ESモデル)
カラー:HH-14 ハイトホロアカキン
≪ ジャンル別一覧、釣果応募フォームに戻る
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社