闇鯰スナイパー9号ってなんだ?
闇鯰スナイパー9号は、バスデイ渾身のナマズ専用トップウォータープラグ。
「投げて巻くだけで釣れる」ことをコンセプトに開発されました。
テーブルターンやジャンプも自在にこなします。
ナイトゲームでのベイトタックルを考慮し、遠投性、アキュラシー性も高めました。
呼び名
闇鯰と書いて「やみなま」と言います。スナイパーはその名の通り狙撃手。
闇に潜むナマズを狙撃するように捕えられるようにと命名。そしてこのルアーの開発段階で13個のプロトタイプが作成され最終的に9番目のプロトタイプに決定したので9号と名付けられました。
プロトタイプは13個ですが、それぞれにカップの違いなどのテストを行う為実際には数十個のプロトタイプのテストをしています。
カチャカチャ音
闇鯰スナイパー9号の大きな特徴であるカチャカチャ音。腹にはブラスのシャフトが埋め込まれ、腹前方にスプリットリング2個によって取り付けられたブレードが大きく回転し、ブラスシャフトに当たってカチャカチャと大きな音を発生します。また、本体内部にもブラスラトルが2個入っていて大きな音に拍車を掛け鯰へアピール。
その音は当社スタッフが「こんなにうるさいルアーは他にない。」と言ったほどです。
(※音のしないノンラトルタイプもございます)
アルミカップ
試作段階で一番頭を悩ませたのがカップです。軽快な泳ぎを実現するために樹脂では無くアルミカップを採用しています。アクションの軽快さを損なわず強度を確保するために硬質アルミの0.85mmを採用しています。
視認性
闇夜での視認性を高め鯰からのバイトの瞬間を見逃さない為に、背中にケミカルライトを取り付る専用ホルダーを設けてあります。市販の2.9mm径のケミカルライトに対応しています。
取り付けは、ケミカルライト発光させた後にホルダー前方の金具に溝いっぱいまで押し込み、その後ケミカルライトを曲げるように後方の金具に入れ後方の溝いっぱいまで押し込みます。
強さ
硬質アルミのカップにABS樹脂のプラスチックのボディ。設計段階から強度にこだわりボディの肉厚も十分にとり、アルミカップのアイ部分もスプリットリングを採用しており大型の鯰のファイトにも十分耐えうる強度を持っています。
フック
鯰ゲームでは常識。バーブレスフックを標準装備。フック取付位置を考慮して、ダブルフックではなくトレブルフックでフッキング率を向上しております。
釣り人集合アングラー通信で「闇鯰スナイパー9号」での釣果をいただいております。≫
2016 NEW COLOR
P-102
マットブラック/グローヘッド
P-102
ボヤットパロット
闇鯰スナイパー9号の実釣動画をご覧いただけます。(2016年6月14日掲載)
闇鯰スナイパー9号のアクションとサウンド動画をご覧いただけます。(2016年5月24日掲載)
カラーチャートはこちら ≫
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社