クロダイ(チヌ)、キビレ専用ボトムラバージグ新発売
紅ショウガは浜名湖生まれ
 
地元浜名湖で数年前から実釣により試されてきたボトムラバージグ。
改良に改良を重ね、満を持していよいよ2018年4月新発売。
 
底面感知能力に優れたヘッド形状と、アクションさせていない時でも目立つように広がっているラバースカートが特徴。
 
基本はズルズル
使い方は至って簡単。まずはキャストしてボトムを取ります。
その際フォール時にバイトしてくることもあるので要注意。
着底の感覚がなかったら竿で効いてみて下さい。

基本はズルズル引いて来て、底とは違う感触があった時はアタリである事が多いです。
アクションさせる場合はロッドで引きながらシェイク。魚を誘うには効果的です。
低活性時
冬場など低活性時や魚を焦らす場合はその場でシェイク。
ラインスラックのみを使うように、なるべく移動距離を少なくすることが有効です。

アタリがあった時はすぐに合わせると堅い上顎下顎からすっぽ抜ける事が多いので、反転して持って行くまでじっくり待つことが必要です。
フックは半固定(PAT-P)

一般的なクロダイ(チヌ)用ラバージグはフックがスプリットリング等で連結されている為、止めた時に針が寝てしまうのが弱点。


紅ショウガはその弱点を、フックを半固定する事により克服。水中でステイさせた時でもバイトし易いフック角度に設定しています。


フックの固定にはチューブを使用し、フレキシブルに動くようにしてあります。(PAT-P)
これはクロダイ(チヌ)、キビレがジグを噛んだ時にフックが倒れ易くなり、堅い上顎ではなく閂(カンヌキ)に刺す為です。

閂(カンヌキ)にフッキングさせる

 

フックにがまかつ製チヌ針(ひねり入り)を使用したことも、閂(カンヌキ)に刺さるようにした理由のひとつです。魚の右閂(カンヌキ)にフッキングするのがベストです。
 
追わせて喰わすよりバイトして来た魚をどうやって喰わすか?
徹底的にフッキングにこだわった現場主義のラバージグです!

 

■紅ショウガ

価格:¥550+税

ウエイト:10g

タイプ:ボトムラバージグ

色:全10色

 

2018年4月下旬新発売

バスデイ ルアー合衆国 紅ショウガ
2018/03/29
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社