バスデイの原点 ~シュガーミノー誕生秘話~
シュガーミノー
それはバスデイオリジナルルアー第1号の定番ミノーです。
 
現在、その種類は多岐にわたり、シュガーミノー・シュガーミノーSG・シュガーミノー ボトムトゥイッチャー・シュガーミノー ドリフトトゥイッチャー等々・・・渓流から本流トラウト、サクラマスと様々な鱒族に対応し、今なお〝シュガーシリーズ〟として人気を博しております。
 
シュガーミノー最大の特徴は「釣れること」
 
21世紀に入って今日まで様々なルアーが世の中に登場しておりますが、このシュガーミノーの実釣性能はそれらのルアーに劣る事はございません。
ではシュガーミノーはどのようにして誕生したのでしょうか?
実はソルト用アイテムで開発が進められたミノー!?
バスデイがある、愛知県・豊川市に近いフィールドの「静岡県・浜名湖」
当時、セイゴを狙うアングラーの殆どはエサ釣りでした。夜に電気ウキを浮かべて狙う、セイゴ釣り。
 
〝このセイゴをルアーで釣る事は出来るのか?〟
 
全てはここから始まりました。
ビジネスではなく、自分達の小さな楽しみにアツくなる。
仕事が終わり、バスデイからフィールドへ通うスタッフたち。ルアーを開発するのには多くのテストを要し、多くのサンプルを製作して試行錯誤することは皆様もご存じである事と思います。
 
セイゴをどうしてもルアーで釣ってみたい・・・。
 
そんな遊び心が強くなり、時が経つと共に自然と開発が進んでいきました。また浜名湖というフィールドは潮が大きく動く時、その流れは河川のような場所もあります。バスデイスタッフが通っていたポイントも例外ではありませんでした。
バスデイブランド第1号ルアー、デビュー。
「トラウトミノーはバルサorウッド製でなければ釣れない」と言われた時代。
トラウト用プラスチックルアーとして、そしてバスデイブランド第1号ルアーとして、シュガーミノー50がデビューしました。
 
そしてシュガーミノーは手に取ったアングラーへ「投げて巻くだけで釣れる!」「餌のように釣れる!」と強烈なインパクトを与える事となりました。
 
時として流れが強い浜名湖にて磨き上げられた実釣性能が、トラウト達にも有効であったのです。
今日なお愛される、シュガーミノー。
このような経緯があることからシュガーミノーはトラウトのみならず、ソルトでも多くの実績を残してきました。
時には〝海爆ミノー〟という名前でソルト仕様がシリーズ化したことがあるほど・・・。しかし数年の間、ソルトカラーの生産が止まってしまいます。
 
「何とかシュガーミノー ソルトカラーを復活してくれないか・・・」
 
ユーザー皆様の声にお応えすべく、2015年よりトラウトカラー・ソルトカラーの双方をラインナップし、ミノーイングの楽しさを発見して頂けるように致しました。
渓流トラウトはもちろん、近年ブームとなっているメバリング、そして全ての始まりであるセイゴ・・・
 
その小さいボディから様々なターゲットを魅了し、多くの派生モデルを生み出してきた伝説の定番アイテム、シュガーミノー。
 
お使いになる際、この〝誕生した背景〟も思い出して頂ければ幸いです。
 
シュガーミノー40・50
・ソルトカラー 詳細
・トラウトカラー 詳細
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社