広大なサーフへ挑む、フローティングミノー。~ログサーフ誕生まで~
ログサーフ誕生までの軌跡。
皆様は〝ログサーフ〟というルアーをご存じだろうか?
 
ここ近年ではフラットフィッシュ(ヒラメやマゴチ等)や青物がショアから狙えるということで、サーフゲームの人気が高まっている。
サーフゲームを楽しむにあたり、まず重要となるのは飛距離。
どんなに良いスイムアクションをするルアーでも、波打ち際までしか飛ばなければゲームが成立しない。
 
近年メタルジグが人気なのも、飛距離が理由の一つであると考えられる。
バスデイでも2016年、〝飛距離+タダ巻きでもスイムするメタル製シンキングペンシル=スイミングペンシル〟という新しいカテゴリーでバンジーショットをリリースしている。
しかし、シンキングアイテムやメタル製アイテムではなく、飛距離が出るフローティングミノーが必要と感じたことはないだろうか?
 
そのようなシチュエーションに、この〝ログサーフ〟を強くおススメしたい。
 
ログサーフが登場したのは、今から9年前の2007年。
バスデイから程近い遠州灘は、秋となると絶好のサーフシーバスポイント。
 
「この広大なサーフで使えるミノーを作りたい」
 
このシンプルな理由から、バスデイルアーデザイナー・鈴木敏雄(以下、鈴木)が開発に着手することとなった。
着手するにあたり、鈴木が求めたものは下記に渡る。
 
・ストレスのない飛距離
・潜り過ぎないレンジ
・安定感のある泳ぎ
・心地よい引き応え
・静粛性のあるミノー
・スリムボディ―
 
幾点か箇条書きで記したが、何とも贅沢と言えるコンセプト。
しかし、これらは「スタンダード」を目指す際に必要なモノであるだけなのだ。
 
ログサーフ誕生に向けて、歩み始めた。
 
そして産声を上げた、フローティングミノー〝ログサーフ〟
サーフシーバスが対象のミノーであることから、まずは飛距離から開発していく。
幾つものサンプルを作成し、サーフにてキャスティングを繰り返してテスト。鈴木の友人達にもモニター協力を依頼して、ひたすらテストサンプルを投げ倒す。
 
そして友人達に依頼する際、鈴木は敢えて一般アングラーを人選した。
理由はエキスパートアングラーであれば、テクニックと根性で飛距離を出してしまうから。つまり〝ストレスのない飛距離〟を求めるには、自ら人選した友人達の協力が最短の近道であると考えたのだ。
 
度を越えたテストを自らも繰り返し、鈴木は肘を壊してしまう程、アイテムを引き倒す・・・。
自らのこだわりが強すぎて、何度もリリースタイミングを逃してきた。
それでも妥協を一切許さないスタイルを、鈴木は貫き通し続ける。
 
・いつ、誰にでも安定して飛距離が稼げる
・水を掴んでイキイキとウォブリングする
・潜り過ぎないスイミングレンジ
・強い引き波の中でも泳ぎが破綻しない
・SMAシャフトグライダーシステム(PAT-496929)の採用で、静粛性の向上
 
飛距離を出すには重心移動システムは必要不可欠であるが、SMAシャフトグライダーシステム(PAT-496929)を採用する事には、もうひとつ大きな理由がある。
それは形状記憶合金(SMA)シャフトのたわみを利用してウェイトとボディーへホールドし、遊びを軽減。重要な潮流の変化を確実に使い手へ伝え、姿勢がブレずに足元まできっちりとスイム出来るアイテムにすることである。
 
これらの実現から「広大なサーフを探索する事に長けるサーチルアー」として、2007年にログサーフ 124Fはカタログデビューを飾った。
そして翌年の2008年にはアップサイズのログサーフ 144Fがデビューとなり、サーフミノーゲーム攻略の幅がより広がった。
 
飛距離が稼げるフローティングミノーであるからこそ、汎用性も出てくる。
サーフにおけるシーバス、沖のブレイクに潜むフラットフィッシュをターゲットとしているログサーフ。
 
しかし広大な河川や、複雑な流れが発生している磯のサラシではどうだろうか?
 
広大な河川では飛距離はもちろん、フローティングミノーの特性から、リトリーブさえ気を付ければ根ガカリの心配も軽減できる。磯のサラシの中では、サーフで培った「強い引き波でも泳ぎが破綻しない」特性が生かされてくる。
 
使い手のアイディアによってサーフのみならず、活躍する事が出来るフローティングミノー。それが、ザ・スタンダード〝ログサーフ〟である。
 
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社