釣果情報
最新情報
2018年12月02日
レンジバイブ70アイアンで大物!
(鈴木 諒 様)
2018年12月1日
東京湾 湾奥の堤防
 
数年ぶりの投稿となります。

かつては週3〜4回を誇っていたシーバス釣行も、年齢を重ねるにつれ仕事や家業に追われ激減。
それでもたまには運動不足解消にと、友人と近所の湾奥エリアのデイゲームへ。
ポイントは広大なオープンシャロー。チョイスしたルアーはレンジバイブ70アイアン。
発売当初から遠投を要する展開では絶対的な信頼を置くルアー。
 
アイアンの遠投力を活かし、広範囲にアプローチして大望のヒットを二回貰うも、どちらも痛恨のバラシを喫してしまう。
その後は何事も無く時間だけが過ぎる‥
 
陽が高くなった終了間際、 諦め半分で風表面となるエリアを攻めてみる事に。
その数投目、沖のブレイクラインの地底から立ち上げたレンジバイブアイアンが 
「ドムッ!!」
という衝撃で引ったくられた。     
直後、激しい水飛沫とともに大型を確信させる水面ヘッドシェイク。
手前までゆっくり寄せると、水面下に浮き上がった大きい魚影に高鳴る鼓動‥
足元で強烈な走りを見せタモ入れにてこずったが、 隣のアングラー様がランディングアシストを申し出て下さり、何とか無事ランディング。
ロングタイムの死闘を繰り広げた一尾は、冬の大型特有のビッグウエイト。
文句無しの大型シーバスだった。

長年続けてきたシーバスルアーゲーム。
今では私の釣り仲間は、仕事や家業が多忙な中、ルアーメーカーのテスターを勤める方々が多く居ります。
私も時間があれば今日のような感動的な一尾との出会いを求め釣行し、また機会がありましたらレポートさせて頂きます。
純粋なアマチュアアングラーとして。
 
ルアー:レンジバイブ70アイアン
カラー:HH-38 マメアジ
2018年11月28日
終盤の木曽川でマゴチ!
(フィールドモニター 高畑 光邦)
2018年11月19日
木曽川
 
夕方より4時間だけの釣行で木曽川へ向かいました。11月半ばより河川の水面には20センチぐらいのサヨリが大量に入ってきました。大型のシーバスを狙うチャンスと考えて何度もフィールドへ通っておりましたが、水温が低いためか活性が低くバイトすら無い日々。
 
当日は、風も強く河川の水面は波が立ちサヨリすら居ない状況です。ログサーフをキャストするも強い風で上手くキャストができず、レンジバイブに変更しました。レンジバイブは強い風でも狙いたいポイントへキャストが出来るため、今回は潮止まりまでレンジバイブで通すことにしキャストを繰り返しました。

ストラクチャー周辺を、ボトムを引かないようロッドを立てリトリーブしていくと、何かがにアタックしてきます。しかし、リトリーブスピードが早いためか乗せられないため、スローリトリーブで再度流してみると、ガツンとバイト。一瞬、激しく抵抗もしましたがドラグ調整で回避、上がってきたのは良いサイズのマゴチでした。河川も終盤になり魚の数も少なくなってきましたが、何とかマゴチ1本を獲ることができました。

あと少しだけ遊べそうなので、今後もフィールドへ行ってみたいと思います。

ルアー:レンジバイブ70ES
カラー:HH-16 ハイトホロイワシ
2018年11月26日
バンジーショットで久々のヒラメ
(フィールドモニター 岩男 裕喜)
2018年11月26日
神奈川県 西湘サーフ
 
フィールドモニターの岩男です。

今年は非常に厳しいサーフ状況が続きますが、ようやく大本命のヒラメを釣ることが出来ました。50cm、まずまずの良型でした!

直前の3連休はまったく良いところなく終わっただけに、ちょっとモチベーションが下がってしまい、この日は寝坊...?僅か40分の制限時間でした。
でも意外と気合いが抜けている時の方が良い結果にかることが多い...(^^;
 
ここ最近はずっとプラグ系から入って手前を探り、反応がなければ徐々に沖へ...という流れで探り続けていました。
でも今日は多少うねりと波があったことと、気分転換のフルキャスト(笑)を思う存分やりたくて、ショアジギングロッドでバンジーショットの40〜50gを最初から最後までフルキャスト。
フルキャストして着底後は、ワンピッチジャークを数回行って着底の繰り返し。単純なストップ&ゴーよりも、全般的にレンジの幅を広く、広域にアピールが出来るようにやってみました。
スピードやジャークの幅などは、随時調整を加えながら、その日の状況に合わせていきます。先日はその方法でソゲが釣れたので、今朝もフルキャストの先から足元まで、いろいろと調整しながら探って行きました。

ジグの釣り=遠投=遠目を探る
というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、最後のピックアップまでじっくり探れば、意外と足元に魚がいたりするものです。
まさに今朝もそんな感じで、波裏でのヒットとなりました。
今朝は比較的ゆったりとしたテンポで、ショアスローに近いくらいのテンポが良かったようです。

まあ足元にいるのが分かっていれば、始めからフルキャストなんてする必要はありませんし、ミノーやワームの方が有効な場合も多々あるとは思います。でもどこにいるのか分からない時などは、遠くから手前までをバンジーショットで探りながら、反応を見るサーチベイト的な使い方をするのもありだと思います。
ベイトが小さい時なども勿論有効です。
別に常に遠投しなくても、軽くキャストして手前だけを探る手もあります。
ソゲとかセイゴとか、小さな魚に対する反応は、メタルジグ系の小さなルアーの方が良かったりします。そんなちょっとした生体反応が、実は貴重なヒントになったりもします。フグやエソに悩まされることも多いですが(笑)

とにかくようやく本命が釣れました!
今年も残り1ヶ月と少し...
何とか最後にひと暴れしたいものです。
 
ルアー:バンジーショット40G
カラー:FL-131 アカキンストライプグロー
2018年11月23日
ちょこっとライトゲームにも発見あり
(フィールドスタッフ 鈴木 照弘)
2018年11月中旬
静岡県 浜名湖
 
先日、買い物に行ったついでにちょこっとライトゲームをして帰ろうと思い、表浜名湖釣に寄ってみました。タイミングは上げで、流れが良い感じに出ています。

セイゴのボイルも有りこれは釣れると思い、まずビートイート55Sをキャスト。小さいクロダイが釣れましたが続かず。その後は色々投げた結果、シュガーミノー50Fが当たりでした。サイズこそ小さいですが、セイゴやヒラセイゴが釣れて楽しめました。
 
今回、巻きの釣りではほとんど反応が無く、軽いトゥイッチの後流れに乗せてあげる事でバイトがでました。シュガーミノーの流れに同調しやすい軽さが非常に合った結果だと思います。シュガーミノー50Sも個人的にかなり使用頻度の高いルアーなのですが、今回は表層で食っている様で、ゆっくりと浮き上がるシュガーミノー50Fに軍配が上がりました。

見た感じでは何を投げても釣れそうな雰囲気だったのですが、沢山釣るには魚に合わせる事が重要でありそこが面白味であると思います。魚こそ小さいですが反応の多いライトゲーム、ルアーやアクションが合った時の嬉しさはたまらないものがあります。

皆さんも、バスデイの豊富なライトゲーム用ルアーを持って、ライトゲームを攻略してみてはいかがでしょうか。
 
ルアー&カラー:ビートイート55S(CT-376 ダイヤモンドダスト)、
  シュガーミノー50F(C-261 Sシラス)、他
 
2018年11月16日
はぜむしはぜ玉でスイッチオン!
(フィールドスタッフ 鈴木 照弘)
 
2018年11月中旬
静岡県 浜名湖
 
11月中旬になり、浜名湖のハゼもそろそろ終わりそうな雰囲気ですが、エサ釣りではまだまだ釣れているようです。今回は終盤に差し掛かったハゼを、はぜむし45SSとはぜ玉で攻略してみました。
 
ハイシーズンのようにどこでも手軽に釣れるという感じでは無く、ルアーを投げてハゼの追尾を確認出来る所で釣っていくという感じです。
 
最初は、スピーディーにはぜ玉でチェックしていきましたが、どうも一定のスピードではバイトは無く追尾のみ。そこで、はぜ玉の巻くスピードに強弱を付けたり止めたりすると一気にハゼとはぜ玉の距離が縮まりバイトして来ました。正にスイッチオンという感じ。
少し沖目に投げ追わせてサイト領域に入ったらアクションを付け一気にハゼのヤル気を上昇させバイトさせる戦法に。

はぜ玉で追わなくなれば少し間を開けて、はぜむし45SSのトゥイッチで。
これもまたスイッチオン。

見える所でハゼの反応を見ながらアクションを付けバイトに持ち込めるので、非常に釣った感のある展開になりました。ほとんどのハゼは沖から追わせて足下から1.5m以内でバイトに持ち込んでいます。
このような釣り方でマッチするカラーが視認性が良く、食わせのカラーも入ったサイトハゼ!
 
皆さんも、はぜむし45SS、はぜ玉を持って終盤に差し掛かったハゼクラを駆け込みで(笑)狙ってみてはいかがでしょうか。
 
ルアー:はぜむし45SS、はぜ玉
カラー:C-69 サイトハゼ、C-62 ザ・ザー
2018年11月13日
サーフでヒラスズキ
(フィールドモニター 中村 元亮)
2018年11月7日
静岡県のサーフ
 
風が吹いていて釣りずらい状況だったのですが、こんな日だからこそのヒラスズキ狙いです。
風波で波がザブザブしてるのでフローティングミノーではなくレンジバイブ55ESをキャスト。
沈みテトラがあるポイントなので、根掛かりしないよう着水したら直ぐにタダ巻きです。
 
何回かキャストしてレンジバイブを通すと
ガッっとバイト!?
潜られたら沈みテトラでラインブレイクしちゃうので最初は強引に寄せて、浮いて来たら慎重に波に乗せてキャッチ♪
60cmジャストぐらいのヒラスズキでした♪
 
レンジバイブ55ESのフックは小さいですが、がっつり3本かかっちゃえば意外と強引に寄せれますね〜♪
それにしてもレンジバイブは上のレンジも攻略できるので重宝してます!
 
ルアー:レンジバイブ55ES
カラー:HH-02 ハイトホロピンク
2018年11月04日
レンジバイブでアジ釣りのはずが?
(野村 一貴 様)
2018年10月21日
神奈川県 三浦半島南部の磯
 
大アジを狙いに三浦半島南部の磯へ。いつもなら何かしらの反応を得られるのですが、この日は全くなし。アジを捕食する大型魚がいる可能性があるなと思いつつキャストを続けると、やはりアジではない何かがヒット!重量感があり大物を期待しましたがフックアウト。
 
しかし魚がいることを確信し、次のキャストへ。コッンとバイトがありヒット!ライトタックルだったので慎重に寄せて、無事ヒラスズキをランディングとなりました。次回は本命を釣りたいですね。
 
ルアー:レンジバイブ45ES鯵ing
カラー:C-333 ケイムラ銀ラメ
2018年10月24日
レンジバイブでヒラメ!
(P.N きょん 様)
2018年10月21日
静岡県のサーフ
 
手前にベイトがいて、フルキャストしましたがやはり手前のブレイクで釣れました。
 
ルアー:レンジバイブ70ES
カラー:FL-410 バイオレットコノシロOB
2018年10月23日
シュガペンでヒラセイゴ☆パーリィ
(フィールドモニター 中村 元亮)
2018年10月22日
静岡県の港湾
 
新たなバリエーションとして発表されたシュガペン58Sの使用感や動きをチェックしようと仕事終わりに港湾へ。
 
時折ライズがあり、流れてくるものをチャポっとシーバスが食べているっぽいので、シュガペン58Sをアップにキャストして流れに乗せて漂わせているとツンっというバイト!
刺さり抜群のフッ素コーティングされたフックでどんなバイトも絡めとりますね〜
(≧∇≦)
 
浮き上がりも早いので東伊豆のゴロタでメバルに良さそうです
(≧∇≦)
あそこはナイトゲームでもヒラスズキがでちゃうので、シュガペン58Sぐらいのプラグとかちょうどいいんじゃないかな?って思ってますので、近々にプチ遠征で使用してみたいと思いました。
 
ルアー:シュガペン58S、シュガーミノー50F
カラー:C-352 クリアーオレンジラメ、GG-388 メロングロー
2018年10月22日
秋といったらハゼでしょう!
(フィールドモニター 木村 裕幸)
2018年10月21日
宮城県 県南漁港シャロー帯
 
フィールドモニターの木村です。
先日の日曜日にハゼ釣りに行ってきました。
 
私の住む仙台の方で「はぜ玉、はぜむし」を使用できる条件の揃うところは中々無いので、まずは場所探しからです。
条件は2つ
・水深1m以内のドシャローであること。(出来れば50cm以内が望ましい)
・ハゼが生息してること←これ絶対条件(笑)
この条件に当てはまる場所を探し出し、良さげなところを発見!満潮でも水深50〜70cm! 干潮になったら海底が出てきてしまうところ!
 
早速「はぜ玉/アカキン」をキャスト!
一気に巻いてボトムタッチさせそこからはゆっくりゆっくりただ巻くだけ・・・。ボトムをグリグリさせながら巻いてると、「ガツン!」とひったくりバイト!
お!! のった! 一気に巻き水面に出したところでフックアウト・・・。
(バーブレスの掛け針なんで水面には出さずテンションを保ちつつ巻きとるのが良い感じ。)
 
ちょっと学習し、再キャスト!
ボトムを感じながらゆっくりゆっくり巻き巻きしてると「ドン!」とまたもひったくりバイト! 今度は慌てずテンション保ちながら魚を寄せて難無くハゼ、ゲット!
 
一度コツをつかんでしまえば、面白いようにバイトが出て面白いようにハゼが釣れちゃいます!
 
ルアー:はぜ玉、はぜむしSS
2018年10月22日
ログサーフでシャローのシーバス
(土屋 英孝 様)
2018年10月21日
木曽川
 
日曜の夕方、一級河川木曽川の様子を見に行った。
狙いはもちろんシーバス。
ここのシーバスは非常にパワフルでシルバーメタリックに輝く美しさも魅力的だ。

何箇所か見て回ったが、明るい時間は無反応だった。
水位を確認して下げの時間を過ぎてから、ウエーダーを履いて少しだけ入水。
しばらくは何も起きない時間が過ぎたが、ボラが跳ね出してから待望のバイトが出た。
フッキングも決まり、パワフルな抵抗で楽しませてくれたシーバスを無事ランディング。
サイズは60クラスだったが、しばらく見とれるほど美しい魚体にうっとり…
しっかりと蘇生をしてリリースのお見送り…

ログサーフ124Fはシャローエリアで良い仕事をしてくれました。
 
ルアー:ログサーフ124F
カラー:M-372 メッキマイワシ
 
2018年10月21日
渋い中でもタチウオ連発!
(P.N mopar 様)
2018年10月21日
大阪湾 湾奥
 
朝暗いうちからポイントに入り太刀魚狙い。
 
始めはワインドて釣ってましたが、明るくなり始めると反応が悪くなりショートバイトばかり。
 
そこで切り札のレンジバイブを投入!これがハマり、カウント5〜10で連発となりました
^ ^

ワインドでは得れなかった反応に大満足の結果になりました!
 
ルアー:レンジバイブ
カラー:CH-358 CHオレンジヘッドGB
2018年10月17日
ヒラメシーズン開幕しました!
(フィルドモニター 中村 元亮)
2018年10月17日
静岡県のサーフ
 
青物ショアジギも落ち着いたので、サーフでフラット狙いです。
最近はマイクロベイトがショアラインに寄って居てそれをニベが捕食していて、そのニベをヒラメマゴチが捕食する。そんな食物連鎖が秋のサーフの風物詩になってると自分で勝手に思っております。。。
 
そんなわけでベイトが小さいのでレンジバイブ70ESをボトムバンプさせたりリフトアンドフォールドしたりしていると、ガツンとバイトがでます。正体はだいたいニベなのですが、大型になるオオニベのセイゴサイズ?なんていうのかそんなサイズが結構釣れます。
 
周りを見渡してもニベは結構釣れてるのですが、ヒラメは釣れてなさそう。明るくなるとアングラーも少なくなり、河口付近へポイント移動してキャスト一投目。フワフワとレンジバイブ70ESをリーリングしていると・・・
コツ。。。。グンっ!
とロッドティップが入ったので合わせてフッキング!

かなり手前の駆け上がりでのバイトだったので、ちょっとエイっぽいな〜なんて思ってましたが、頭をバタバタさせる感じがあったので慎重に寄せるとナイスサイズのヒラメでした
(≧∇≦)
 
レンジバイブ70ESはシーバスのイメージありますが、フラットにも抜群に効きます〜♪巻きはゆっくり目に、ボトムノックさせないようにボトム付近をトレースするのがコツです。ので是非フラットにもレンジバイブおすすめです!
 
ルアー:レンジバイブ70ES
カラー:FL-410 バイオレットコノシロOB
2018年10月16日
闇鯰シーズン終わり?
(P.N 稲ビ〜〜〜〜ム 様)
2018年10月15日
新潟県新発田市
 
10月に入ってナマズの喰いは格段に悪くなりました(*_*)
喰いが浅かったり、ミスバイトしたり、いても反応しなかったり…
ランガンしてようやく1匹GET出来ました(´・ω・`)
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-369 グリッターシルバー
2018年10月15日
サヨリパターンで良型シーバス!
(フィールドモニター 高畑 光邦)
2018年10月14日
木曽川
 
最近の木曽川は好調すぎるぐらい魚の活性が高いため、ここぞとばかりにこの夜も大河川へ向かいます。木曽川到着後、先行者が何人もウェーディングしており新規ポイントを転々としておりましたが、どのポイントも渋く潮止まり間近に、はじめのポイントへ戻りました。
 
先行者も居なかったため準備を済ませ浸かっていきます。この日は、サヨリの群れが水面を群れておりましたのでフローティングミノーを選択しました。弱い流れにのせて、巻かない、巻かない、巻かない。巻きたい気持ちを押さえて、流していくと、ドッカーンとバイト。シーバスのエラ洗いを交わし無事ランディングに成功です。
 
70UPの良い魚を釣ることができました。

サヨリがいるときは、やっぱりログサーフ124F シースルーサヨリカラーが有効ですね♪
 
ルアー:ログサーフ124F
カラー:CT-26 シースルーサヨリ
2018年10月15日
今期2本目の巨チヌ!
(フィールドモニター 高畑 光邦)
2018年10月11日
木曽川
 
魚の活性も良くなってきている木曽川へ満潮より向かいました。当日は風が強かったのですが風が止む合間でキャストをしていきます。また強い流れにルアーが流され思うように狙っているポイントへ通すことが出来ず、流れが緩やかになる瞬間を狙っていきます。

沖へキャストしてから、バイブレーションが水流を受けながら小刻みに揺れます。徐々にラインを強く張っていきバイブレーションの揺れを小刻み〜強い刻みへと演出していくと、ドカンとバイト!ドラグが鳴り響き、ゆっくりと寄せて無事にランディングに成功。

なんと、今期2本目になる59センチの巨チヌをキャッチすることができました。

その後、1匹を追加したところで爆風に変わってしまい終了となりました。
 
ラインにテンションを張ってリトリーブすることが釣果に繋がっていると感じます♪
 
ルアー:レンジバイブ70ES
カラー:HH-14 ハイトホロアカキン、CH-109 CHカタクチイワシ
2018年10月11日
レンジバイブでタチウオを
(フィールドスタッフ 芥河 晋)
2018年10月
和歌山県
 
夏の終わりから台風に振り回されて思うような釣りを展開できてないのだけれど、そんなときでも相手にしてくれるありがたい相手がタチウオ。最近は時間のある限り狙っている。

フォールによく反応する魚ではあるが、フォールでの誘いを多用するとミスバイトによるラインブレイクの危険性も上がってしまう。そこで、飛距離と沈下速度に優れるバイブレーションを巻き主体で使うことで、時合前、ポイントに差し始めたタチウオを抜いていくのがぼくの中でのタチウオ狙いの定石。そして、この釣りに最適なのがレンジバイブ70TG。

まだ誰も釣れていない時間帯にこの釣りで数本抜き、他のルアーの射程距離に群れが入ってきたところでより効率の良いルアーにシフトしていくのがオススメなのでぜひ試してみて下さいネ。
 
ルアー:レンジバイブ70TG
カラー:P-04 レッドヘッド、他
2018年10月11日
逃した大物、白銀のクロダイ
(フィールドモニター 高畑 光邦)
2018年10月8日
木曽川
 
三連休最終日に木曽川へ向かいました。下げ潮からウェーディングにて大河川へ浸かっていきます。

今回は、魚の反応が一番良いと思う水位からでしたので、1投目から集中してキャストをしていきます。いち早く魚からのコンタクトを得ようと、薄濁りの水色に合わせてアカキンのレンジバイブを選択します。すると、僅か数投でバイト、合わせを入れると水中でガンガンと首振りをします。間違いなく大きなシーバスと確信、慌てずに寄せようとしたのですが、あまりのパワーと首振りで完全にフックが伸ばされてしまいフックアウト。
 
主導権を一切与えてくれなかった魚にショックを受けましたが、気持ちを切り替え再びキャスト&リトリーブを繰り返します。

すると、潮止まり間近、ロッドが弧を描きます。手前まで寄せてライトで確認すると、銀色に輝くクロダイでした。しっかりフッキングを確認して安心してランディング。とても綺麗なクロダイをキャッチすることができました。

しかしながら、帰りは逃げてしまった大きな魚のことが頭から離れず、悔しい思いで帰路につきました。この悔しさを晴らすため、再度フィールドへ向かいたいと思います。
 
ルアー:レンジバイブ
2018年10月05日
最終釣行に思う...
(フィールドスタッフ 芳賀 聡)
 
2018年9月下旬
岩手県内陸河川
 
2018シーズン最終日。台風の接近に伴う前夜からの雨は、朝になっても止む事はなかった。河川は瞬く間に濁りを増す中、どうにか婚姻色を纏ったヤマメが相手をしてくれた。ヒットルアーはシュガーミノーSG50F。増水により草の上でしか写真を撮れなかったが、こんな状況で出会えた魚に感謝。
 
今シーズンもサクラマスに始まり、数多くの尺ヤマメに出逢う事ができた。しかも事故なくトラウトシーズンを終える事ができた。これにも感謝。
 
シュガーミノーSG50Fとシュガーミノー50F ! 同じサイズのフローティングミノーではあるが似て非なるもの。止水域、トロ場所、瀬、使い分けをする事で、釣果に差が付く。同じリトリーブスピードでも早く見せたい場面、若干遅く見せたい場面での使い分けも有効。
 
フローティングミノーでの釣りは私のこだわり。いかに深い場所にても、フローティングミノーのみでのアピール。シンキング主流の時代においても、フローティングミノーの有効性も見直すべきではないかと考えている。
 
また、同じ河川に通う場合でも、リトリーブスピードとトゥイッチ幅など、その都度変化させ同じアピールをしないように工夫している。
 
来シーズンも、初心忘れる事無く、引き出しを増やす為にトラウトと向き合う時間が沢山有る事を願います。
 
ルアー:シュガーミノーSG50F
カラー:M-04 メッキアユ
リール:18ステラ C2000 SHG
ライン:トラウティストワイルド 5ポンド
2018年09月30日
台風前の大阪湾調査
(P.N ぺー 様)
2018年9月29日
大阪湾 堺周辺
 
台風前の短時間調査です。

釣場に着くと至る所で小さなナブラがたっていたのでレンジバイブを投入。
ただ巻きで通してくると、当たりはあるが乗らなかったので、リフトアンドフォールしながら、ゆっくり巻いてくると、喰ってきてくれました^ ^

写真はありませんが、この後、同じ誘い方でサゴシもう1匹、タチウオ1匹追加したところで、雨が強くなってきたので終了しました。
 
ルアー:レンジバイブ70TG
カラー:RD-411 オレンジヘッドバブル、P-412 ライムチャートヘッドイワシ
≪ ジャンル別一覧、釣果応募フォームに戻る
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社