釣果情報
最新情報
2019年06月13日
若狭ハゼクラ!ヒネてる開幕
(佐藤 ノブヲ 様)
2019年6月13日
福井県 若狭湾
 
浜名湖も開幕したことだし、日本海側もそろそろかなと思い、若狭湾へハゼクラ調査に。11時過ぎから4時間ほどを費やした結果、ハゼの姿はあるがまだ序盤で、絶対数は少ないうえに、ルアーを追ってもバイトすらできない5cm前後の新仔が大多数、そして場所ムラが非常に大きいことが分かった。
 
その半面、釣れてくるのは18〜20cm程の2歳魚が7〜8割で、数も20尾程度(プラス新仔が数尾)と、なかなかに楽しめた。盛期の入れ食いモードもいいが、1尾1尾のファイトを味わうという点ではこの時期の釣りの方が魅力的かもしれない。
 
ルアーは水深30cm程度までならハゼ玉をテンポよくストップ&ゴー。ハゼ玉が底に届かない30〜50cm程度では、はぜむしを小刻みなストップ&ゴー。どちらもポーズはあまり長く取らない方が反応が良かった。わずかな水深の違いでルアーを替えるのが、この日は数を伸ばす鍵となったようだ。
 
ルアー:はぜむしSS、はぜ玉
2019年06月11日
ハゼクラ!これからが楽しみ
(鈴木 照弘 様)
2019年6月中旬
静岡県 浜名湖
 
午前中に2時間程ハゼクラに行って来ました。

まずははぜ玉で、岸際の浅い所を岸と平行に探っていくと、かなりの数のハゼが後ろから追っかけて来ました。
今回は、はぜ玉にスピード変化を付けどんどん追わせて止める、そんな感じの誘いでドンピシャ?
岸際をテンポ良く釣って行きます。
観察しながら釣っていると、はぜ玉が石に当たりバランスを崩した瞬間や止めた時の浮き上がり時のバイトがほとんど。
これを意識的に操作していく事によって楽しく釣果アップを狙えると思います。

岸際が少しスレ気味になったら沖目をはぜむしSSで探っていきました。
今回、はぜむしSSではフォールでのバイトやトゥイッチ後のバイトがほとんど。
はぜむしSSとはぜ玉の得意な部分を使い分けしていけば、効率的に楽しく釣っていく事が出来ると思います。

前回は手持ちのタックルでしたが、今回はベイトフィネスを使用。キャスト回数も1.5倍程は稼げた感じです。
結果、30匹程のハゼを釣る事が出来ました。
それにしても、手軽で反応が多いハゼクラ。
これから、徐々に成長していく浜名湖のハゼを楽しみに待ち望んでいます。
 
ルアー&カラー:
はぜむしSS(SD-70 赤ハラゴールドグリーン、SD-71 赤イソメ)
はぜ玉(SD-71 赤イソメ、C-69 サイトハゼ)
2019年06月11日
雨の中で…。
(P.N 稲ビ〜〜〜ム 様)
2019年6月9日
新潟県 下越地方
 
いつもの場所でちょっと試すつもりが例の如く、あとちょっと、あとちょっとと雨が断続的に降るなか結局朝まで釣ってたら、案の定風邪をひきました(*_*)
 
いつもの場所なのでやはりスレて来ててなかなか食い込みませんでしたが、リトリーブにポーズを多めに入れたら1匹だけ食ってくれました(×_×)
 
釣果 59cm 1匹
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-362 クラシカルレッドヘッド
2019年06月10日
グッドマゴチをキャッチ!
(高畑 光邦 様)
2019年6月9日
愛知県
 
最近、私のフィールドでは、ウェーディングする水位に達していないため浸かることが出来ず。仕方なく満潮から岸際に寄る魚を狙ってみました。
ベイトのハクは以前より大きく成長しており、ワンドの中に入って優雅に泳いでいます。しばらくすると、そのワンドに入っているハク達がザワザワ?と逃げ惑う。
これは何かが入ってきたと感じましたが、現時点で水位はかなり浅くなっているためバイブレーションで狙うと逃げてしまう…。
でもバイブレーションで釣りたい私は、目一杯ロッドを立て底に当てないよう意識しながらのリトリーブをします。
するとザワザワした辺りでズドンと重くなり、合わせを入れゆっくりと慎重に寄せると、グッドマゴチをキャッチすることができました。
嬉しいマゴチをキャッチした後、優しくリリースして終了となりました。
 
ルアー:レンジバイブ70ESハイトホロイワシカラー
2019年06月09日
メバル狙いがシーバスに
(P.N ひろぽん 様)
2019年6月9日
長崎県島原市の漁港


メバル狙いで近くの漁港へ。
すると、メバルではないボイルが。
どうもシーバス(セイゴ)っぽい。
イワシが捕食されている。
近くに寄ってきたイワシのサイズを見ると小さい。
選んだルアーはS.P.M. 55。
これがビンゴで1投目からヒット。
メバル狙いのつもりがセイゴ祭りでした。
 
ルアー:S.P.M. 55
2019年06月07日
ハイプレッシャー?
(佐藤 ノブヲ 様)
2019年6月6日
岐阜県 高原川
 
朝は冷たかった水温も日が高くなると少し温んできた。雪代の盛期なら昼間のほうがむしろ水温が下がるくらいなのだが、今年の雪代はよく分からないうちにピークを越えたということなのだろう。
 
ならば魚はよく釣れてもいいはずなのだが、そう上手くはいかない。確かに反応は多くて頻繁にチェイスがあるのだが、バイトまでも行かず途中で引き返すケースがほとんど。たまに食ってくるのは流れと流れの間の小さなヨレとか、流芯の向こう側の小さな流れとか。しかも釣れるのは小型ばかりで、8寸9寸のイワナに出会うのさえ苦労する始末。ヤマメなんて最後まで6寸止まりだし。
 
河原は足跡だらけで、どうやら連日攻められてかなりのプレッシャーを受けているようだ。こんな日はピンスポットへのキャスト、移動距離を抑えた操作が鍵を握る。トラウト用のものは持ってはいないが、ベイトタックルが欲しくなった。
 
ルアー:シュガーミノードリフトトゥイッチャー50S、シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES、シュガーミノーSG50F・60F
2019年06月06日
夕方ワンチャン、のつもりが…。
(P.N 稲ビ〜〜〜ム 様)
2019年6月5日
新潟県 下越地方
 
夕方ワンチャンで60cmキャッチ!!産卵後なのかとても痩せてました。
で、帰るつもりが、あと1匹、あと1匹…
結局、あと1匹釣るのに23時回ってしまいました(×_×)
 
釣果 60cm、61cm 各1匹
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-369 グリッターシルバー、 P- 362 クラシカルレッドヘッド
 
2019年06月05日
そろそろハゼクラシーズン
(鈴木 照弘 様)
2019年6月上旬
静岡県 浜名湖
 
そろそろハゼの季節ですね。
ということで、今シーズン初のハゼクラ調査に行って来ました。
とは言っても今回は、はぜ専用タックルは準備していなかったので、ライト目のシーバスタックルで。

最初は、はぜ玉で居場所をスピーディーにチェック。
ハゼの濃い所が特定出来たら、はぜむし45SSとはぜ玉を使い分け、カラーローテションも織り混ぜながらやってみました。

偏光グラスを使用する事で、はぜの反応を確認し易い為、偏光グラスの使用はかなりオススメです。

実釣ですが、反応はかなり有り、多い時で10匹以上のはぜがルアーを追っかけ来るのが確認出来ます。
まだ、はぜのサイズが小さいので少々苦戦しましたが、ルアーローテーションやカラーチェンジにより1時間ちょっとやって20匹程釣る事が出来ました。

今回は、はぜ玉をグリグリ巻いて追わせてピタッと止める。止めた時にルアーがフラフラっとしたところでバイトする事が多かったです。
 
それにしても、手軽さが良いですね。
今年もハゼクラ、これから非常に楽しみです。
 
ルアー:はぜむし45SS、はぜ玉
カラー:SD-70 赤ハラゴールドグリーン、LH-14 アカキン
2019年06月04日
短時間ながら連発を楽しむ
(芥河 晋 様)
2019年5月下旬
和歌山県 中紀地磯
 
5月も後半に入り本格的に夏を感じるようになってきた。そろそろ磯のヒラスズキも終盤戦となるので、可能性のありそうなときにはできるだけ狙っておきたいところ。数日にわたって入り続けたうねりが収まり始めたタイミングで、短時間勝負に臨んでみた。
 
狙いを定めた釣り場に着くと、いい感じでサラシが形成されている。ベイトが居ればヒラも捕食のために入っている可能性は高そうだ。
できることなら小さめのサイズのルアーで狙いたいところだが、風がかなりあったので風の中でも狙い通りに打ち込めるだけの重量を持ったログサーフ144Fをチョイスし、ゲーム開始。
 
ヒラが捕食をするならここだろうという場所のかなり先から引いてきて、狙いの場所の手前から少しだけスローダウンしてバイトを待つも反応はなく、サラシからルアーが出たところで下からギラリとヒラが出た。
サラシから外れていたこともあってバイト直前に反転された形となったが、これでヒラがいることは確認できた。あとはうまく釣るだけだ。
 
次のキャストでは、前のキャストよりもスローダウンの度合いを大きくしサラシの中でのアタックチャンスを多くすると、読みどおりにガツンとヒット。そしてすぐにエラ荒い。先ほど見えた魚と同じくらい。50センチ半ばくらいかというサイズ感だ。
 
難なくキャッチし記念撮影。その後も同サイズを3本釣り上げたところで時間がなくなり終了とした。
 
ルアー:ログサーフ144F
カラー:M-372 メッキマイワシ
2019年06月04日
いただいた景品でHIT!
(P.N 稲ビ〜〜〜ム 様)
2019年6月4日
新潟県 下越地方
 
今回もポイントを探してランガンしてました。
フックチョイスをミスってスッポ抜けやバラしの連続、あまつさえ対岸の木の枝に引っ掛けて痛恨の高切れ…(T-T)
背丈より高い藪をこいで回収しラインを結び直しフックも変更、最後1ヶ所探って帰ろうとしたらようやく1匹HIT!!
 
昨年、景品でいただいたクラシカルレッドヘッドで釣る事が出来ました。
 
藪の中で画像を撮ろうとしてたら、今度はヘッドランプに群がる細かい羽虫を吸い込んでしまいました。
色々苦労した1匹に成りました(×_×)

釣果 60cm1匹
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-362 クラシカルレッドヘッド
2019年06月02日
ひさびさの渓流で
(森 直矢 様)
2019年6月2日
愛知県 寒狭川
 
ダムが枯渇するほど雨の降らない愛知県東部、先日まとまった雨が降ったので、久しぶりに寒狭川へ行ってみました。
水量は・・・減水気味で今日はちょっと厳しいかなといった感じ。

開始早々1匹バラシ。水量のわりには悪くないかも、と釣り上ります。
落ち込みの脇にシュガーミノーボトムトゥイッチャー50ESメッキアユをアップにキャストし、着水後即トゥイッチを入れると『ドン』と重量感が伝わり、稚鮎を3匹くらい食べていそうな尺アマゴが釣れてくれました。

その後は22〜23センチほどのアマゴ数匹を追加。
シュガーミノーボトムトゥイッチャーはどんな状況でもいい仕事してくれます。
 
ルアー:シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES・62ES
カラー:FL-316 アユオレンジベリー
2019年06月02日
明け方にヒット!
(P.N 稲ビ〜〜〜ム 様)
2019年6月2日
新潟県 下越地方
 
夜通し新しいポイントを探しランガンしてました。
流れ込みのポイントでようやくヒットしたものの抜き上げたとこでバレてキャッチ出来ず…。
対岸に移動し再び流れ込みポイントを攻めました、ショートバイトが続くのみでなかなか食い込みません、フックのセッティングを変えて数投目でヒット!61cmでした。
その後更に1匹追加しましたが場荒れせずにショートバイトが続きます。
 
そのうち空が白んで来ました。
去年迄の経験では明け方に空が白んで来るとアタらなくなるので納竿しようとしましたが、ふとクリアっぽいシルエットのハッキリしないグリッターシルバーでケミホタルをはずして食わないか試してみようと思いました。
予想が適中したのか2投目でガッチリ食い込んで3匹目をキャッチ、更に明るくなってからも1匹追加しました。

ショートバイトにクリアカラーが効くみたいなので、今度クリアカラーを購入しようと思います。
 
釣果 61cm、 59cm、 58cm、 56cm 各1匹
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-292 ホワイトパロット、P-369 グリッターシルバー
2019年05月30日
令和初鯰!!
(P.N 稲ビ〜〜〜ム 様)
2019年5月29日
新潟県 下越地方
 
令和になり3度目の釣行でやっと釣れました。
1匹目は日没前だったので、セールで買ったバス用ルアーで釣れました。補食音も聞こえない様な小さいアタリでした。
 
日没後、20時位からアチコチで補食音が聞こえだし明らかに活性が上がりました。こうなると闇鯰スナイパーの出番です。
1匹目より少し上流のポイントで流芯から外れた所で1匹、少し上流のよどみで更に1匹、この個体が65cmでこの日最大でした。
 
4年前に初めて鯰を釣った(その時も闇鯰スナイパー9号)取って置きのポイントに移動し程なく1匹追加し、食い込みを良くしようと小さいフックのセッティングに変更しました。
しかし、これが裏目に出て痛恨の3匹連続バラシ。
 
流石に場荒れしてもう駄目かと思いましたが、間隔が延びたもののまだ補食音が聞こえたので元のセッティングに戻し少しポイントを変えて2投目に足元でバイト!
今度はガッチリフッキングも決まりすぐにランディングしようとしましたが、10ft.のオフショアロッド(タモが無くても抜ける用にオフショアロッドを使用してます)がグニャリと曲がり抜くのにちょっと往生しました。
63cmでしたが今まで上げた事の無い重量でした。持った感じで2kgを超えてたんじゃないでしょうか?お腹がパンパンで卵がいっぱい入っていた様でした。
 
令和の鯰ゲームも『闇鯰スナイパー9号』におんぶにダッコに成るみたいですね(^_^;)
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-315 とのさま
2019年05月29日
今期ブースト5本目
(P.N cross 様)
2019年5月29日
新潟県 荒川
 
好天が続き渇水気味でしたが、昨夜からの雨模様でわずかな増水とささ濁り。ローライトなため派手目なカラーを選択し投げ続けると15投目でヒット。テールフック1本のため慎重にやり取りし無事サクラマスをキャッチしました。
 
ルアー:シュガーミノーSG95Fブースト
カラー:FL-315 クリアーレモンSTGL
2019年05月29日
高原川の雪代トラウト
(日比野 渉 様)
2019年5月26日
岐阜県 高原川
 
今年は春先の気温が低い日が多く、雪代の時期も遅れ気味、積雪の少なさもあり大増水という程ではないが、かえって釣りをするには適度な水量で都合が良い。
この日も雪代激流に揉まれた良型のトラウト達が頻繁にロッドを絞り込んだ。
 
ルアー:シュガーミノーSG50F・60F・70F、シュガー2/3ディープSG52F、シュガーミノードリフトトゥイッチャー50S
カラー:H-208R シルバーチャート、PR-04 パールアユ、M-99 ゴールドグリーン、他
2019年05月28日
初夏の雨は渓流釣りに吉
(佐藤 ノブヲ 様)
2019年5月28日
岐阜県・福井県 石徹白川
 
まだ5月だというのに真夏日が5日も続いた岐阜。明けて今日は気温低めで本降りの雨予報。これは渓魚たちも喜んでいるに違いないと石徹白川へ。中部都市圏に近いため釣り人が多くハイプレッシャーな川だが、魚影は濃いのでこんな日はきっといい思いができるはず、と期待して。
 
川に着くと、雨は断続的に降り続き、1〜2cmの増水。もうちょっと水位が高い方が理想的だが、それでも魚の反応は良好。入れ食いモードにまでは達していないのか、チェイスやショートバイトだけで終わることも多いのだが、飽きない程度に釣れ続く。10時過ぎ、十分な釣果を得たところで納竿。サイズはイワナ9寸、アマゴ8寸程度が最大であった。
 
降雨で光量が少なかったせいだろうか、ルアーはパール系、シルバー系など白く明るい色合いが良かった。
 
ルアー:シュガーミノーSG50F、シュガーミノードリフトトゥイッチャー50S、シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES
 
*石徹白川は岐阜県内は石徹白漁協、福井県内は奥越漁協が管理しており、それぞれの遊漁証が必要です。石徹白漁協管内にはC&R区間(シングル&バーブレスフック1本のみの規制あり)もありますが、今日はそこでは釣っていません。
2019年05月28日
今期ブースト3本目は米代川で
(P.N cross 様)
2019年5月14日
秋田県 米代川藤琴合流
 
前夜、寿司屋でサクラマスの持ち込みOKを取り付けたので、フレッシュ狙いであえて下流域へ。いつも通りの深酒で昼過ぎ、先行者の移動後入川。
 
本流の流れ込みから流し始め、早めのリーリング&ストラクチャーのヨレで食わせる間を作りながら釣り下ると、10m位下ったところでヒット。浅場に寄せてからの横走りをかわし無事ランディングできました。
 
ルアー:シュガーミノーSG95Fブースト
カラー:川島2019 銀鱗ウグイ
 
*前記事と掲載順が逆になっています。
 
2019年05月23日
今期ブースト4本目
(P.N cross 様)
2019年5月22日
新潟県 荒川
 
シーズンも終盤。昨日の雨の影響から本流は濁りがきつく支流の流れこみに入川。支流は濁りもなくクリアな状況で先行者がいたため、ルアーを見切られないようナチュラルカラーを選択。早めのリーリングで攻めるとヒット、無事ランディングできました。
 
ルアー:シュガーミノーSG95Fブースト
カラー:川島2019 銀鱗ウグイ
 
2019年05月22日
悪あがきでヒラをゲット
(芥河 晋 様)
2019年5月中旬
和歌山中紀地磯

 
改元に伴う一大連休は風邪をこじらせてまさかの釣り無しに終わり、風邪からの復帰戦は持ち込む竿を間違えたことに釣り座で気づく大失態。
そんな釈然としない日々を過ごしていた5月も半ば、本当の意味でリベンジマッチに地磯へと向う。
当初はトップメインで青物を狙うつもりだったのだが、フィールドに着いてみると予想以上のウネリとそれに伴う千切れ藻で沖向きの釣りは不可能な感じ。
とはいえ、そう簡単に諦めるわけにはいかない。
タックルケースを見渡すと、唯一のミノーであるログサーフ124Fが目に留まる。これでヒラを狙ってみるか。タックルとのバランスは変わるが、感覚的にはちょっとした悪あがきという感じ。
軽量なルアーに対して竿が非常に強く竿の力を上手く引き出すことが難しい。しかも、断続的に強い横風が吹きつける。
こうなると風の無いタイミングでキャストしなければヒラがいそうなスポットまで届きそうもない。しかも、そのスポットにサラシが広がるのは数分に1回のペース。
そんな、風と波のタイミングがピタリと合うのを待ちに待つ。
15分くらいは待っただろうか。今だ、という瞬間にロッドを振り抜くと狙い通りの軌跡を描いてログサーフが通したいスポットの奥へと着水した。
これで食わなきゃ帰るしかない。
そう思えるベストな展開の中、狙いのスポット近くにルアーが来たとき、ガツンと強いバイトが出た。
まさに思惑通り。
かなりの引きを見せる魚だったが、タックル的には何の問題にもならない。唯一の懸念はフックに負担をかけすぎないようにしなければということくらい。
落ち着いて魚を誘導し、ウネリに乗じて魚を高場まで上げてゲームセット。
産卵から十分に回復したグッドコンディションの70アップだった。
 
ルアー:ログサーフ124F
2019年05月17日
ワンチャンスをモノに !!
(高畑光邦様)
2019年5月15日
愛知県 木曽川
 
5月15日、三重県との県境にある木曽川へ夕方より釣行しました。
前日に大雨が降ったため濁りを心配しましたが、とてもクリアーな水の色でした。
水面下でハク(ボラ)が群れをなして泳いでいるのを確認、しばらくはミノーで表層を狙っていましたが反応がありません。
少しずつ沖へとキャスト範囲を広げていき、それと同時にミノーからバイブレーションへ変更していきます。
なんの反応もないまま数時間経った頃、下流方向からザワザワと音が聞こえてきました。ライトで確認すると大量のハクです。「これはチャンス」と、数投ごとにカラーチェンジし狙っていきました。ストラクチャー周辺をボトムから少し浮かせた状態をキープしながらのリトリーブを繰り返していくと明確なアタリ、合わせを入れるとグングン逃げていきます。落ちついて慎重に寄せると綺麗な魚体をしたクロダイでした。
ハクの群れについてきたのか、ワンチャンスをモノにできたことが嬉しかったです。

ルアー:レンジバイブ70ES
カラー:ハイトホロレッドヘッド 2019NEW
 
 
 
≪ ジャンル別一覧、釣果応募フォームに戻る
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社