釣果情報
最新情報
2018年08月19日
渇水のなかでの尺ヤマメ
(日比野 渉 様)
2018年8月18日
岐阜県 高原川
 
長らく雨が降らず渇水が続くなか二日前に待望の雨が降り、前日は増水気味という情報に期待しての釣行。しかし現地に入ると情報とは違う、渇水で細い流れの川。予想以上に水が引くのが早かったようだ。そして気温は11度!8月のこの時期にはありえない気温にガタガタ震えながら釣りを開始する。

気温、水温の低下のせいか開始後1時間全く反応がない。おまけに渇水なので少しでも水量のある淵に狙いを定める。流れがなくなり池のように淀んだ淵にシュガーミノーSG60Fパールアユをキャスト、スローなアクションでネチネチ攻めると、底から我慢しきれず尺ヤマメがヒット。流れも無いのでファイトを楽しみながらランディング。

その後良型を1匹追加するが、1日中目立った釣果も無く厳しい釣行となりました。
 
ルアー:シュガーミノーSG60F、他
カラー:PR-04 パールアユ、他
 
2018年08月18日
増水の恩恵
(上田 将太郎 様)
2018年8月17日
岩手県沿岸河川
 
前日まで岩手県内では大雨が降りましたが、沿岸河川の方は内陸部ほど増水していません。普段渇水状態の河川に様子を見に行くと水色はすでにクリア、水量もちょうどいい感じなので釣りを開始します。
 
普段トロっとした流れのポイントも増水のおかげでヨレができ、そのヨレをシュガーミノーSG50Fニジマスカラーでアップクロスで攻めます。ルアーの後ろに良型ヤマメの猛チェイスが確認できましたが、すでにルアーの位置はアップからクロス気味になりかけていたので、ロッドを下流側に倒し少しでもアップの時間を稼いでやると、ルアーが自分の横を通過した時にヒット!
 
バレないでくれ!と念じながらネットインした瞬間、自分の心臓の音がはっきり聞こえた様な気がしました!
 
釣れてくれた今年1匹目の尺ヤマメとシュガーミノーに感謝です!
 
ルアー:シュガーミノーSG50F
カラー:M-27R ニジマス
2018年08月17日
はぜ玉でキマリ!!
(P.N 半熟煮玉子。様)
2018年8月16日
愛知県 亀崎エリア
 
釣りを始めたばかりの友人と突発的ハゼクラ釣行をして来ました!
 
ポイントに到着後すぐにポツポツと釣れますが…あまり状況は良くないと判断しました。
 
はぜ玉をローテしつつ、ランガンしつつ…半分あきらめてかけていた時に入ったポイントでハゼのアタリが連発です!
またしても、はぜ玉アカキン!!曇り空でローライトな状況でもさすが王道カラーです!!
 
同行していた友人も釣果が伸び悩んでいたので、はぜ玉を使って頂きました。
すると、ルアーチェンジ1投目でハゼを見事にキャッチ!!その後も、お互いに良い地合をはぜ玉で楽しみました。

初心者の方でもはぜ玉は使いやすいとのことでした!適度な巻き抵抗に、スローに巻いてもしっかりとボトムを引けるウェイトのセッティングが良かったのかもしれません。
 
これからがハイシーズンのハゼ釣りのパートナーは、使いやすくて良く釣れるはぜ玉でキマリです!
 
ルアー:はぜ玉
カラー:LH-14アカキン、C-69 サイトハゼ
2018年08月15日
北陸ハゼクラ調査!その2
(フィールドスタッフ 佐藤 ノブヲ)
2018年8月中旬
福井県の沿岸部
 
2週続けてのハゼクラ、ポイント開拓。今回も敦賀市とその周辺エリアだが、前回探りきれなかった場所をメインに釣り歩いた。
 
結果はかなりの好釣。朝8時ころから正午過ぎまで探り歩いて、いくつかのシャローフラットを見つけることができた。釣果はおそらく50〜60尾かそれ以上だと思う。サイズは前回のような2歳魚は出なかったが、小型が少なく型揃い。すべてリリースしてきたけれども、天ぷらにでもすれば相当食べごたえがありそうな感じだった(笑)
 
とはいえ、やはり「ハゼクラで勝負できる」シャローフラットがこのエリアに少ないのは事実。その中でも「釣れる」ポイントは限られるわけで、足を使うことが好釣の絶対条件となりそうだ。
 
また深場では前記事で予告した「アユ玉リグ」(ルアーの前20cm程に友釣り用シンカーを噛ませた、重めのスプリットショットリグ)でも釣果を得ることができた。ただし今回のエリアはどこも藻が多くて釣りづらく、効率の良いものではなかったが。
 
ルアー:はぜむしSS、はぜ玉
2018年08月12日
ハゼクラはもはや夏の風物詩
(P.N 半熟煮玉子。様)
2018年8月11日
愛知県 亀崎エリア
 
8月のハゼクラ調査を行って来ました!!
 
干潮時にポイントにはいったので、クランクを引くことの可能な水深を選びながら、はぜ玉のアカキンカラーでやる気のあるハゼをサクサクと釣り歩きます!!
やはり、王道のアカキンは反応がいいです。たくさんのチェイスが目視できて興奮します。
 
8月に入ってからのハゼはサイズも大きくなっていて、アタリも大きく頭を振ふって元気があります!!ライトタックルだからこそ、元気なハゼの引きが面白いです!!
 
釣行の際には熱中症や怪我などに気をつけて、この季節だからこそのハゼクラを楽しみましょう!!
 
ルアー:はぜ玉
カラー:LH-14 アカキン
2018年08月07日
北陸ハゼクラ調査!
(フィールドスタッフ 佐藤 ノブヲ)
2018年8月上旬
福井県の沿岸部
 
ホームグラウンドの渓流はオロロ(アブ)が大発生して釣りどころじゃない。
というわけで海釣りのホームグラウンド、北陸へハゼクラのポイント開拓に。
今回探ったのは敦賀市とその周辺。
 
想像はついていたことだが、このエリアは正直ハゼクラには厳しい。
足元からすとんと水深が落ちていて、浜名湖のようなシャローフラットがほとんど無いからだ。
それでも数少ないシャローを見つけて撃っていくと、遂にパラダイスを発見!
空振りやバラシも含めると、ほぼワンキャスト・ワンバイト状態。
20mほどのエリアで、小1時間で20尾以上をキャッチすることができた。
サイズもまずまずで、2歳魚もいくつか混じって小気味良い引きを楽しませてくれた。
 
ハニースポットはここ1ヶ所だけで、あとははぜむしをボトムまで沈めて誘って拾うという
(普通に巻いたのではボトムに届かない)難しい展開だったが、充実の1日となった。
次回は別のエリアも探ってみよう。
それからボトム攻略のために、アユ玉をかませたキャロライナリグも試してみなくては。
 
ルアー:はぜむしSS、はぜ玉
 
2018年08月02日
困ったときの…レンジバイブ!
(フィールドモニター 高畑 光邦)
2018年8月1日
木曽川
 
8月1日、深夜より木曽川へ向かいます。7月入ってからは豪雨の影響でなかなか釣りができずにいましたが、ようやく木曽川の水位と濁りも元に戻りました。到着後すると河川のワンドには大量のベイトがザーッザーッと逃げ回っている状況、慌てて準備を済ませました。

まずはシュガペンでボイルが多数あるポイントを狙っていきますが、反応がありません。その後も周囲ではボイルが続き、ルアーをログサーフやバンジーショットなど次から次へと変えて狙っていきます。しかし、何かが違うのか反応が得られずにいました。
 
そこでレンジバイブ70ESに変更して岸から1mも離れていない場所へキャスト。すぐにロッドを起こしリトリーブしていくと、強烈なバイト。シーバスかなと思いましたが、体高のある綺麗なクロダイが姿を現してくれました。計測すると55センチの立派な年無し。
 
嬉しい1匹に次を期待しましたが、あまりのボラの数にルアーをキャストしてもボラばかり引っかかるようになり、気がつけば潮止まりになってしまいました。河川の状況は非常に良い雰囲気だけに大満足とはいきませんでしたが、これもまた釣り。次に期待したいと思います。

ルアー:レンジバイブ70ES
カラー:FL-410 バイオレットコノシロOB(2018NEWカラー)
2018年08月02日
前日から用意した罠に尺ヤマメ
(フィールドスタッフ 芳賀 聡)
2018年7月
秋田県 米代川水系
 
釣行2日目、同水系を広範囲に移動しながら、ヤマメを探る。
1ヶ所目は昨日釣ったのと同様の条件下にある、
「下流側に堰堤が存在し上流にも大場所が控えてるトロ瀬」へ朝遅めの時間に入る。
 
実は前日の時点でこの堰堤から下流はあえて探らなかった。
余計なプレッシャーを与えなければ、夜のうちに堰堤を越えて遡上した魚は、
やる気満々で狙う底石に留まるだろうとの読みだ。
 
狙いは当たり、1キャスト目で、底石から尺ヤマメの反転。
2キャスト目、流下物を意識してトゥイッチの間隔を変えリトリーブスピードも落とすと、
尺ヤマメは底石から追尾して下り、ヒットに持ち込むことができた。
 
このポイント自体は前日も攻めるが何も起きなかった。
そのわずかな上流側も、抜け目なく攻めるもヤマメは姿を見せなかった。
読み通りに堰堤下から遡上した魚だと考えるのはご都合主義だろうか?
 
攻めるか、引くか、心理選択で、勝ち取った尺ヤマメでもあった。
同ポイントでは、外来魚でもあるブラウントラウトまでヒットした。
 
スタイルはいつもと同じくアップストリーム。
ヒットルアーはシュガーミノーSG50F/キンクロ。
久しぶりに使用したカラーだが、最高の仕事をしてくれた。
 
この日は他にも良型が揃い、充実の釣行となった。
 
ルアー&カラー:シュガーミノーSG50F/M-09
ライン:トラウティストワイルド 5ポンド
リール:18 ステラ C2000SHG
2018年08月01日
ソウダガツオ&ペンペンシイラ祭り
(フィールドモニター 中村 元亮)
2018年7月31日
静岡県東部の急深サーフ
 
台風が過ぎ更に青さを増したサーフで夏のライトショアジギングを楽しんできました!
少しだけ寝坊して6:50ごろにポイントへ。
 
先行者に挨拶すると薄暗いうちにサバとショゴが釣れて
明るくなったらソウダガツオとペンペンシイラがコンスタントに釣れてるとのこと。
こんな日は当たりですね♪

潮目では、ペンペンが跳ねてたり水面がモジってたり!?

もちろんバンジーショットをフルキャストしワンピッチで誘い出したり、
表層スキッピングさせるとガンガンあたってきます(*≧∀≦*)
 
やっぱ夏はこうでないと!
これだけたくさんバイトがあると楽しいですよね〜♪
 
夏はショアジギングおススメです♪
 
ルアー:バンジーショット30・40
カラー:FL-50 ブルーバックPB、FL-99 ゴールドグリーン、他
2018年07月31日
底石から探り当てた泣き尺ヤマメ
(フィールドスタッフ 芳賀 聡)
2018年7月
秋田県 米代川水系
 
台風の影響も無く猛暑の中、再び米代川水系へ足を運ぶ。
 
増水からの水位低下、プレッシャーで渋る個体を狙うスポットは、
底石が丸くなく、極力平坦で尚且つ流れの遅い、トロ瀬中心。
水深は深くても1m。ベストは40~70cm、いわゆる膝上。
なかでも上下ポイントに必ず大場所が控えてるトロ瀬が有効であった。
 
またアップストリームに複数の良型個体が反応する。
ヒットカラーのワカサギは、ギンクロカラー同様にナチュラル系の中でも高い実力を持つ。
 
初日は泣き尺止まりではあったが、良型ヤマメの連発となった。
 
終日、底石に視点を絞り、探しあてた泣き尺ヤマメ。
個体コンディションも良く、川の豊かさ、環境の豊かさを象徴する魚であった。
 
ルアー&カラー:シュガーミノー 50F/M-03 ワカサギ
ライン:トラウティストワイルド 5ポンド
リール:18 ステラ C2000SHG
 
2018年07月30日
当たりの違いでサイズが解る?
(フィールドスタッフ 鈴木 照弘)
2018年7月下旬
静岡県 浜名湖
 
今回は久しぶりにウェーディングしてみました。
最近は暑さで、ウェーダーを履くことに抵抗を感じていましたが、今回の釣行日は少し風があり涼しい夜だったので浸かってみました。

タイミング的には、暗くなる少し前の上げが残る時間帯から満潮位迄。
潮位が高くポイントまで届くか少し心配でしたが何とか届く範囲でした。
暗くなり少ししてから当たりが有り1枚目はしっかり合わせも合ってキャッチ。

その後、すぐ当たり。
ただ、ここからの当たりは、重量感無く派手に引っ張る感じでサイズが小さいのは丸解り。
20分程ですが、7投で4枚、勝手に掛かってくれました?
こういう当たりは、自分はスルーしていますが勝手に掛かればキャッチします。
重量感の無い派手な当たりはサイズが小さく、フッキングしてもスッポ抜けることが多くなります。当たりが派手な為、身体が勝手に反応してびっくり合わせをしてしまうことが多いことが理由です。
合わせがスッポ抜けたり、びっくり合わせをして針掛かりしなかった時には、つい周りを見てしまいます(笑)

この釣りの当たり方は色々有ります。
紅ショウガとチヌの状態を想像してみながら釣るとなかなか奥深さを感じることが出来ると思います。
皆さんも紅ショウガを使って色々な当たりを感じてみてはいかがでしょうか。
 
ルアー:紅ショウガ
カラー:05 フルパープル+、07 ブルーゼブラ+
2018年07月30日
2週連続シュガーミノーSG!
(小島 一夫 様)
2018年7月28日
岐阜県 庄川水系
 
先週良い渓魚に出会えたので、2週連続で庄川に行って来ました。

明るくなり始めたところでメッキアユカラーからスタートしヤマメ、キンクロとカラーチェンジしていきます。先週は朝早くから反応が合ったのに、今回は友人にはヒットするが自分には反応がなくやや焦りが出始めた頃、パールアユカラーにチェンジした1投目に40センチアップのブラウントラウトがヒットしました。

やはりシュガーミノーSGは頼れるルアーです。
 
ルアー:シュガーミノーSG90F
カラー:PR-04 パールアユ
2018年07月29日
闇鯰スナイパーだけどデイナマ !
(フィールドモニター 中村 元亮)
2018年7月26日
静岡県の河川
 
この日のサーフは風が強くショアジギには厳しいと思ったので、
お昼過ぎからのんびりとワンタックルで川へ。

そうです。
狙いはナマズ(*∀*)

ナマズやライギョの釣りっていつでも出来るから、
他の釣りには向かないコンディションの日に遊ぶにはいいですね。
しかも基本ランガンスタイルですので、健康的かも?
 
…なんて思いつつ流れ込みに闇鯰スナイパーを撃ってると
着水と同時に「バフっ!」とバイト!
最近ライギョは釣りましたがナマズは久しぶりです♪

アクションで食わせた感じじゃなくて、流れ込みのピンポイントに着水したので出た
感じじでしたが、水面から出るバイトは気持ち良いですね!

キャッチして軽く画像残したらすぐにリリースしました( ^ω^ )
この時期にアスファルトにのせるとナマズは大火傷して死んじゃいますので
リリース前提なら日陰の草むらで写真撮ってあげましょうね〜。
でも、蚊に刺されまくるので虫除けスプレーは必須です(笑)
 
ルアー:闇鯰スナイパー9号
カラー:P-362 クラシカルレッドヘッド
2018年07月28日
ライトショアジギで駿河湾の珍魚
(フィールドモニター 中村 元亮)
2018年7月25日
静岡県東部のゴロタサーフ
 
今年もシイラを求めて静岡県東部のゴロタサーフへいってきました!
例年よりもシイラの回遊が弱く、ほぼペンペンシイラしか釣れてない状況ですが大型をショアから狙ってみました。
薄暗い3:00頃から開始しました。
水深も流れもあるエリアですのでバンジーショット50gをチョイス!
コロラドブレードチューンや自作フックですが、フォールで食わせるのにコロラドブレードは結構良い感じです(*∀*)

開始数投で何かがヒット!?
ボトム付近でのヒットでしたのでカケ上がりで根ずれさせないように強引に浮かせます!
とはいってもそこまでのサイズではないので、余裕でキャッチ♪
ライトで照らしてみると初めての魚種追加です(笑)
あがったのは「クロシビカマス」という魚種っぽいです。
最初ミズウオの短いやつかとも思いましたが尻尾の形状からクロシビカマスだとわかりました。
 
その後、一緒に釣行してる仲間たちにサバが釣れたりソーダカツオが釣れたりペンペンシイラ釣れたりしましたが。。。
自分はクロシビカマスだけの釣果。。。。

横着してゴリゴリ寄せてたらシイラはバラしまくりでちゃんとキャッチできませんでしたが、基本リリース前提だったので結果オーライです!?
 
夏本番!ライトショアジギ熱いですよ!
おススメです!
 
ルアー:バンジーショット50
カラー:FL-133 レインボーストライプグロー
2018年07月27日
豪雨前の1本!
(フィールドモニター 紙谷 博宗)
2018年7月上旬
富山県の小規模河川
 
普段から、あそこには絶対にいるだろうと思っていながら、いざ投げてみると全くの無反応なポイント。続ければ、いつか大物が!という期待を込めて継続したところ・・・ようやく、出てくれました。
水位が低いとポイントとしては成り立ちません。いっときの増水、しかし増水しすぎもダメというタイミングの難しいポイントです。

明らかに誰かが攻めたという形跡はなく、一発で仕留める勢いでシュガーミノーボトムトゥイッチャー50ESをセレクト。きつめの流れでもしっかり泳ぎ、気持ちの良い引き心地。
そして、唐突のバイト!
ポイント自体は10mほど先で手前は激流。ヒットしても、この流れを交わせるかどうか、がキモとなります。
バレも覚悟で寄せ、なんとかネットイン!
狙いがいのある良い型のヤマメでした!

狙い通りのポイントから出るというのは、本当に気持ちが良いですね!
 
ルアー:シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES
カラー:M-04R メッキアユ
2018年07月25日
Fミノー×アップストリーム
(フィールドスタッフ 芳賀 聡)
2018年7月
秋田県 米代川水系
 
水位変動が若干あった米代川水系へ再び向かう。
昼前に到着し、数ヵ所目のトロ瀬で、ようやく泣き尺ヤマメがヒットする。
更にそこから20数メートル上流にて、本命の尺ヤマメがヒット。

2本とも、アップストリームのアピールに反応。
他にも良型ヤマメが同じ釣り方に好反応を見せる。

ヒットルアーはシュガーミノー50F/ギンクロ。
数あるルアー・カラーの中でも、私にとって良型ヤマメのヒット数が最も多いモデルだ。
 
泣き尺ヤマメのポイントは、トロ瀬の尻で流れが止まり掛けているボサ際。
1回の流しで2度3度とルアーにまとまわりつく魚を
焦らず一定のトゥイッチ幅を守った末でのヒットだ。

尺ヤマメは、河川中央、小さな落ち込みからわずかに流れが変わる所の底石から
ヤマメを反転させ、流れを下らせながらヒットさせた。
ポイントの上下に他のヤマメの姿はなく、これ1尾をワンチャンスでモノにした。

どちらも上手くバイトに持ち込めた、気持ち良いヒットシーンであった。
 
ルアー&カラー:
シュガーミノー50F/G-42 ギンクロ
 
リール:18 ステラ C2000 SHG
ライン:トラウティストワイルド 5ポンド
2018年07月24日
夏はトップが面白い!
(フィールドスタッフ 酒井 晴敏)
2018年7月中旬
多摩川
 
毎年この時期になると早朝ゲームが面白い!
いたるところでシーバスがボイルをして水面が慌ただしい。
当然そうなればトップゲームを楽しめる。

ベイトサイズに合わせてシュガペン70を選んでキャスト開始。
するとすぐに水面炸裂!
派手な水しぶきとともにシュガペンは水中に消えていく。
水深があまりないのでシーバスも派手なジャンプを繰り返す。
サイズこそ大きくないものの幸先よく1本目をキャッチ出来た。
 
広範囲にボイルするので狙い撃ちではなくてブラインドでキャストして
水面をゆっくりとしたテンポで泳がせていく。
静まり返った早朝の水面に激しくバイトしてくる姿は何度経験しても興奮度MAX!
日の出から2時間程度だがトップゲーム十分に楽しめた釣行だった。

シュガペンは重量はやや軽めですが
細身のシルエットで空気抵抗が少ないので飛距離は十分、
この夏シュガペンでトップゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
ルアー:シュガペン70F
カラー:MH-128 ナチュラルベイト
 
2018年07月24日
浅瀬・早瀬ではシュガーミノーSG
(小島 一夫 様)
2018年7月21〜22日
岐阜県 庄川水系
 
連日37度以上の猛暑が続いているので、庄川水系に涼を求めて
21日の昼過ぎから22日朝マズメまで行って来ました。
 
現地到着は14時30分頃で晴天のためルアーへの反応は悪く、
日が沈んだ17時過ぎから25〜29センチのヤマメ、レインボーが
シュガーミノーSG70F/アカキン・キンクロに反応して来るようになり
遂に19時頃、スーパーヤマメがシュガーミノーSG90F/メッキアユにヒットしました。
 
そして翌朝にはシュガーミノーSG90F/ヤマメに50センチアップのイワナがヒットしました。
 
7月中旬すぎにこの様な素晴らしいトラウトに出会えたのは、
信頼するバスデイシュガーミノーSGシリーズの泳ぎの良さからだと思います。
今後もシュガーミノーSGで素晴らしいトラウトに出会えるように庄川に通います。
 
ルアー:シュガーミノーSG70F・90F
カラー:M-14 アカキン、M-09 キンクロ、M-04 メッキアユ、G-02 ヤマメ、他
2018年07月24日
米代川水系の尺イワナ・良型ヤマメ
(フィールドスタッフ 芳賀 聡)
2018年7月
秋田県 米代川水系
 
大雨の影響が残り濁度はきつくは無いが、水量は普段よりも多く、流速もきつい米代川。
いつもはヒット率の高いポイントでも反応が鈍く、ヤマメの反応も気難しい。

水深50㎝程の、トロ瀬の石周りで尺イワナがヒットする。
ヒットルアーはシュガーミノーSG50F/ブルーバックPB。

一方ヤマメのヒット率が高かったのは
シュガーミノー50F/ギンクロ、メッキアユ
シュガーミノーSG50F/メッキアユ
ナチュラル系色にヒット率が集中した。
マイ・フェイバリットのギンクロカラーは相変わらずの安定釣果。

ルアー&カラー:
 シュガーミノーSG50F/H-50 ブルーバックPB
 シュガーミノー50F/G-42 ギンクロ、M-04メッキアユ
 
リール:18 ステラ C2000 SHG
ライン:トラウティストワイルド 5ポンド
 
2018年07月23日
猛暑日の尺アマゴ
(森 直矢 様)
2018年7月18日
愛知県 奥三河の渓流
 
この日は前から予定していた有給休暇、自宅から1時間ほどの渓流へ。
連日の猛暑に止めようかとも思ったが、ゲーターで涼みに行こうかとのんびり行くことに。
10時に着き水温を測ると22度・・・、アマゴのチェイスはあるものの全くやる気はなさそう。
途中良型のイワナをばらしたのみ。
 
夕方に水量も多く涼しげな瀬と淵が絡むポイントへ。
シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ESをアップクロスにキャストし釣り上ると
小さなアマゴはついてくるのだが・・・
最後の深瀬まで何事もなく進み
退渓場所までダウンクロスにキャストし、来た所を戻る事に・・・

するとその2投目にひったくる様なバイトが!
「え・・・マジ・・・」
帰るつもりでしたので少々動揺しながらもネットイン。
32センチの立派な今年初の尺アマゴでした!
猛暑の中よく出てくれました。
 
シュガーミノーボトムトゥイッチャーはアップの釣りもダウンの釣りも猛暑でも!
尺を引き出してくれる私にとって最強のルアーです!
 
ルアー:シュガーミノーボトムトゥイッチャー50ES
カラー:M-04R メッキアユ
≪ ジャンル別一覧、釣果応募フォームに戻る
バスデイfacebook
バスデイグローバルfacebook
商品情報
<企画・販売>株式会社バスデイジャパン
<開発・製造>バスデイ株式会社